本のソムリエおすすめ本を紹介する書評サイトです
本ナビ > 書評一覧 >

「SNS時代に自分の価値を最大化する方法」頼藤太希

本のソムリエ 2021/11/18メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

「SNS時代に自分の価値を最大化する方法」頼藤太希


【私の評価】★★★☆☆(77点)


要約と感想レビュー

 いつの時代にも、仕事の種類には食べていくための仕事、自分の好きな仕事、自分の使命と思える仕事があるという。はじめは食べていくことで精一杯かもしれませんが、仕事を極めていくうちに仕事が好きになり、その先に使命感を持って取り組めることが見つかるかもしれないということです。


 人はそれぞれ個性がありますからその個性が活かせる、自分の得意なことが活かせる仕事に取り組むことができれば、成功の確率は上がります。そして、その中で十分に稼げる仕事、世の中のためになる仕事ができるようになれば、充実した時間を過ごせるのではないでしょうか。


・自分の得意なこと、好きなこと、世の中のためになること、この3つが重なる仕事を本業にして稼ぐ(p23)


 とはいえ、最初のスタート地点では仕事の基本スキルを高めることや、自分を磨くことが大事です。それは今の仕事をやり切ることでもよいし、プライベートの時間に何か活動をしてみてもよいのでしょう。


 大事なのは、自分がどれだけ貢献できるのか、どれだけ与えることができるのか、自分ごととして真剣に取り組めるのかということです。そういう仕事ができる人なら、誰でも魅力を感じて、仕事も人も集まってくるのでしょう。


・惜しまずに「貢献」する・・この人に対して自分はどんな貢献ができるか(p110)


 現代社会は豊かな時代ですので、食べていくだけでなく、プラスアルファを求めることができる時代なのだと思いました。どうせ仕事をするなら、楽しくしたいし、相手に最大限貢献したいものです。


 そうした使命感を持って一手間加えるというところから、具体的に何かをやってみるのはどうでしょうか。一緒に学んでいけそうな一冊でした。頼藤さん、良い本をありがとうございました。


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 


人気ブログランキングへ


この本で私が共感した名言

・私には「レスポンスの速さであれば頼藤」という個性があります(p3)


・才能×知識×技術=自分の強み・・・才能は、人それぞれに生まれながらに備わる資質です(p29)


・ふだんから親しい人に、自分がどんな人間に見えているかを率直に聞いてみるといいでしょう(p40)


・私は「最低限のライン」、つまり他者からの評価としての及第点を担保しつつ・・・時間をかけすぎずにクオリティを上げるためにはどうすればいいかをつねに考えて取り組むようにしています(p105)


・自分の価値を高めるためには、失敗が必要だ・・・ミスを恐れないで行動する(p167)


・「大舞台・正念場・修羅場」があなたを飛躍させる(p176)


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村へ


▼引用は、この本からです
「SNS時代に自分の価値を最大化する方法」頼藤太希
頼藤太希 、河出書房新社


【私の評価】★★★☆☆(77点)



目次

1 価値が低くては自己実現できない―あなたの「価値」はいま、どれくらい?
2 仕事人としての基本スキルは万全か―価値を積み上げるいい「土台」をつくれ
3 ネット上では自分の価値が数値化される―「SNS」は、味方をつくる最高の武器
4 その世界で必要とされる存在になれ―この「トレーニング」で価値は最大化される


著者紹介

 頼藤太希 (よりふじ たいき)・・・マネーコンサルタント。慶應義塾大学経済学部卒業後、アメリカンファミリー生命保険会社を経て、2015年に(株)Money&Youを創業。女性向けWEBメディア『FP CafeR』や月200万PV超の『Mocha(モカ)』を運営すると同時に、資産運用・税金・Fintechなどに関する執筆・監修、書籍、講演などを通して日本人のマネーリテラシー向上に注力している。


メルマガ[1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』]
3万人が読んでいる定番書評メルマガです。
>>バックナンバー
登録無料
 

<< 前の記事 | 次の記事 >>

この記事が気に入ったらいいね!

この記事が気に入ったらシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: