本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「嫌いなヤツを消す心理術」神岡真司

(2020年8月28日)|本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加


【私の評価】★★★☆☆(76点)


内容と感想

■心理学のテクニックを使って
 嫌いな人にどのように対処するのか
 説明してくれる一冊です。


 最初に「呼吸」に意識を持っていく
 方法を説明してくれますが、
 これはマインドフルネスに近い
 ものを感じました。


 その次は笑顔や言葉で感情を
 コントロールする方法。
 笑顔と良い言葉で
 気分を変えるというものです。


 さらには、グチを言ってみたり、
 ノートに恨みつらみを書いてみたり。


 ここまでのテクニックは、
 自分の心をいたわる
 対処法といえるものでしょう。


・殺意を覚えるほど憎い人物・・・憎くてたまらない人が、これからどんな「不幸な目」に遭うべきかを想像し、新しいノート1冊に丁寧に書き出していく・・・自分の恨みつらみを吐き出していくところに妙味があります(p137)


■さらに、相手に一歩踏み出すとすれば、
 今の状況を客観的・冷静に
 見れるようになれなければ
 踏み出せないようです。


 つまり、イジメられている自分と
 イジメている相手を空から
 眺めている自分がいるとしましょう。


 相手はこれまでグループ内で
 主導権を持っていた。
 途中から自分がグループに入って
 方針に反対するのが気に食わない。


 相手がいくら足を引っ張っても、
 自分は何も言わないので、
 イジメはエスカレートしていきます。


 このように自分の状況を
 客観的に眺めることができれば、
 言うべきことを言うのか、
 外部から介入してもらうのか、
 相手との共通点から関係修復を
 進めていくのか、何らかの行動への
 勇気が出てくるということなのでしょう。


・必要以上に自分にへりくだってくる相手に対しては、人は警戒するものです・・・そういう相手には、増長するとともに、攻撃したくなっていくのです。イジメてやろうと思うわけで、いたぶって様子を見ようという気持ちにさせるのです・・・攻撃に対して「やめろよ!」「何をするんだよ!」とこちらから不快の反応が示されないと、よけいに攻撃をエスカレートしていきます(p125)


■それができないから大変なんだよ!
 という人が多いのではないかと
 思います。


 嫁姑の問題もなくなることは
 ないのでしょう。


 それでも心理学的なテクニックを
 知ることで解決できる問題が
 あるかもしれません。


 人それぞれ状況や背景は
 ちがいますので、
 いろいろ試していただきたい
 と思います。


 神岡さん、
 良い本をありがとうございました。


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 

人気ブログランキングへ


この本で私が共感した名言

・嫌いな人は、何人いても構わないんだ・・とまずは容認することが大事です(p25)


・人から挨拶されて挨拶を返さなかったり・・・わざと返事をしない・・という人がいます・・・子供のころイジメられたり、親から十分に愛されなかったトラウマが脅威となり、自分の心は自分で鎧をまとって守らなければという・・・防衛本能過剰なタイプというわけです(p46)


・嫁と姑の関係は、どこの家庭でも、うまくいかないケースが多いものです・・・細かい部分での主導権争いが起こるからです(p49)


・姑にとって、自分の習慣やテリトリーを、嫁に奪われるのは脅威を感じることですから、姑は基本的に息子の嫁であろうと、その存在を排除したいという矛盾した気持ちがはたらきます(p50)


・アサーティブ・タイプ・・・相手からも「イヤなこと」をされたら、正直に「それはイヤだから、やめて」と対等な立場で率直に主張していきます(p58)


・「そういう不快な言い方はやめてほしいです」と率直な感情を伝えることが、相手にも「気づき」を与え、目覚めさせることにもつながるからです・・・今のままでは出来ないはずです・・・自分と周囲の人たちとの関係を、第三者の目で見る、あるいは空中の高いところから眺め観察する・・(p98)


・自分のほうから、「嫌いな人」の情報を収集し、自分と同じとか、似ているものを探し出すだけでも、「嫌いな人」という悪印象を薄めるのに役立つのです(p130)


・パワハラ上司に向けては、「課長は部下の育成に熱心でありがたい存在」などと漏らしておけば、やがてその上司にも伝わり、パワハラ攻撃もトーンダウンするはずです(p169)


・頑固な人を味方につけたい時には、その頑固さをリスペクトしながら、協力してほしいことを、「相談する形」に直して、アプローチすればよいわけです(p187)


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村へ


▼引用は、この本からです
神岡真司、清流出版


【私の評価】★★★☆☆(76点)


[楽天ブックスで購入する]


目次

プロローグ 「嫌いな人」を消すと人生が爽やかになる!
第1章 消えてほしいあの人―なぜ「嫌いな人」がいるのか
第2章 自分の中の「嫌いな人」を消す技術!
第3章 相手の中で「嫌われる自分」を消す技術!
第4章 イヤ~なヤツを撃退&嫌われない会話術!


著者紹介

神岡真司(かみおか・しんじ) ・・・ビジネス心理研究家。日本心理パワー研究所主宰。最新の心理学理論をベースにした法人対象のモチベーションセミナー、コミュニケーショントレーニング、人事開発コンサルティングなどで活躍中。


メルマガ[1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』]
3万人が読んでいる定番書評メルマガです。
登録無料
 

この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: