本のソムリエが一日一冊、おすすめの書籍を紹介します。
本ナビ > 書評一覧 >

「他人を支配する黒すぎる心理術」神岡真司、匠英一、山岡重行

(2014年3月11日)|

他人を支配する黒すぎる心理術

【私の評価】★★★☆☆(70点)


■一般的に知られている心理テクニックを
 集めた一冊です。


 よく知られているのは、
 単純なスローガンを繰り返すというもの。


 「嘘も百回言えば真実になる
 とはよく言ったものです。


・同じフレーズを何度も繰り返して語る・・・
 「単純接触」・・同じテーマを違う角度や
 違う言い回しも用いて繰り返し訴えかけた(p20)


■経営においても、
 従業員の心の動きを知る必要があります。


 まず、従業員の意見を聞く
 これで当事者意識が高まります。


 さらに、部下にコミットさせ、
 期待して仕事を任せる。


 当然、信賞必罰ですが、
 期待されれば、人は頑張るのです。


期待することによって対象者からやる気が引き出され、
 成績を向上する現象を「ピグマリオン効果」と呼びます・・・
 行為をほめる言葉を相手に投げかけることを繰り返すだけ(p92)


■やや羅列的でしたが、
 基本を学ぶには読みやすいと感じました。


 仕事も商売も心理学の知識が
 必要な時代なのだと思います。


 神岡さん、匠さん、山岡さん、
 良い本をありがとうございました。


───────────────────────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・相手に自分の提案を断りにくくさせるための
 心理テクニックがあります。
 それは、「相手の名前を頻繁に呼ぶ」ことです。(p100)


・ホーソン効果・・・一般的な人間は
 注目されることを好んでおり、特別な扱いをされると
 さらに能力を発揮しようとする傾向がある(p179)


・人に騙されないために大切な心構え。
 そのひとつは
 「すべての人にいい人と思われようとしない
 と考えることです(p207)


・女性は基本的に共感されることを
 望んでいる傾向が強いもの・・・
 「そうだよね」「わかるよ」
 という言葉が効きます(p96)


・「誤前提暗示」・・
 「大阪府民の皆さーん、重要なことは、
 新しい制度である大阪都構想に問題点が
 どれだけあるかではない。
 いまのまんまでいいのか?
 このまんま衰退する大阪のまんまでいいのか?
 現体制がいいのか?新しい体制に移るのか?
 そこだけなんです(p23)


他人を支配する黒すぎる心理術
他人を支配する黒すぎる心理術
posted with Amazonアソシエイト at 14.03.10

サンクチュアリ出版
売り上げランキング: 11,677

【私の評価】★★★☆☆(70点)



■目次

第1章 あの人物も心理術を使っていた!? 黒すぎる心理術の系譜
第2章 相手の「表情」「しぐさ」からホンネを透視する方法
第3章 人を操るその前に... 行動に影響を与える8つの心の法則とは
第4章 他人を支配する黒すぎる心理術
第5章 他人に「操られない」ための心構えとは?


この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
36,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。


この記事のシェアをお願いします

この著者の本 : , ,



同じカテゴリーの書籍: