本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「年間1000冊以上読書を楽しむ本のソムリエ団長の読書教室」団長

(2020年6月24日)|本のソムリエ
このエントリーをはてなブックマークに追加


【私の評価】★★★★☆(86点)


■ロックバンド「一里塚歌劇団」の
 ボーカルでありながら、
 1年に1000冊も本を読むという
 団長Danchoさんです。


 団長Danchoさんは隙間時間に 
 本を読んでいるという。


 本を読むコツは、
 記録を残すこと。
 誰かに伝えること。
 自分ならどう書くか、
 考えながら読むという。


 本の読み方は
 私とほぼ同じですね。


・記録を残す・・・「書名」と「本を読んで印象に残ったこと」を書いています。それもたった一行だけ(p32)


■面白いのは、
 そうした団長Danchoさんも
 実は高校生の頃、本も読まず、
 何もやる気が出なかったという。


 やりたいこともなく、
 勉強も運動もできるわけではない。
 劣等感を感じ、憂鬱で一日中
 テレビを見ていたという。


 そうした団長Danchoさんの姿を見た
 祖父から次のように
 叱られたという。


 テレビはいつでも見れる。
 やることがないなら辞書でも読んでみろ。
 新しい世界が開ける。面白いことは、
 おまえの身の回りにいくらでもある。
 それに気づきなさい、と。


・いま自分のいる世界は小さくとも、本を開けば大きな世界を味わえる(p239)


■衝撃を受けた団長Danchoさんは、
 それから本を読むように
 なったのだという。


 良いお話ですね。


 人間とはちょっとしたきっかけで
 大きく変わることができる
 無限の可能性を持っているのだ、
 と思いました。


 団長Danchoさん、
 良い本をありがとうございました。


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 

人気ブログランキングへ


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・「本を読め」と言っている先生や親自身がロクに読んでいないことも全く珍しくない(p8)


・1冊の中に、たとえ1行でも、1つの単語でも何か面白いと思うところ、勉強になったと感じるところがあれば十分(p41)


・その内容を誰かに伝えることを前提に読む(p61)


・いい本の見極め方・・・自分に合うか、合わないか(p103)


・最も集中力が高まり効率のよい読書姿勢・・・それは「立って読むこと」です(p115)


・もしパッと読んでわからなくても、後戻りせずに、そのまま読み続けることです(p122)


・図書館ならではの特性・・期限を守るために、目一杯がんばって読んでみる(p129)


・出版社や著者から送られてくる本のことを「ノルマ本」と、ぼくは呼んでいます・・・自分で自分にノルマを課す(p133)


・お金があるから本を買っているのではなく、本を読んでいるからお金が入ってくる(p213)


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村へ


▼引用は、この本からです

団長、大盛堂書店


【私の評価】★★★★☆(86点)



■目次


第1章 読書のココロ
第2章 読書のチエ
第3章 読書のワザ


メルマガ[1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』]
3万人が読んでいる定番書評メルマガです。
登録無料
 




この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: