本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「苦しみの手放し方」大愚 元勝

(2020年3月30日)|本のソムリエ
このエントリーをはてなブックマークに追加

【私の評価】★★★★☆(81点)


■YouTubeチャンネル
 「大愚和尚の一問一答」には、
 18万人もの登録があるらしい。


 その一問一答への相談を見ると、
 誰もが苦しみを持っており、
 それは年齢、国籍にかかわらず
 共通している点が多いのだという。


 では大愚和尚さんは、
 「大愚和尚の一問一答」の中で
 どのような苦しみへの答えを
 出しているのでしょうか。


・お釈迦様は、「他人を立たせ、その結果として自分がつぶれてしまったら、それは愚かなことである。自分の目的のために行きなさい」と説いています(p87)


■面白いのは、お釈迦様の教えが
 現代の成功哲学本と同じ内容である
 ということです。


 今、この瞬間、今日一日に生きる。
 これもいずれは過ぎゆくものだ。
 合わない人とは、会わなければよい。
 苦労は自分を成長させる。


 成功する秘訣についても、
 得たければ自分から与える。
 人を褒める。
 陰徳を積む。


 お釈迦様の教えには、
 現代社会でも普通に通用する
 原則が存在するのです。


・お釈迦様は、「中傷も、謗(そし)りも、苦しみも、間もなく過ぎ去る」ものだとおっしゃっています(p35)


■人の心を成長させ、
 人を幸せにする仏教は、
 現代で言えば成功哲学なのだと
 思いました。


 そうした思想を伝えていくための
 仕組みが宗教であり、
 お寺であり、僧侶なのでしょう。


 もう少し仏教を調べていきたいと
 思います。


 大愚さん、
 良い本をありがとうございました。


───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・相談内容が届いてからしばらくして「先日お送りした相談ですが、何だかすべて書き出したらスッキリして、自己完結しそうです。・・・というお便りが届いていたりするのです・・・どうやら悩みは、問題が整理されないまま、漠然と胸中に留まることによって起きているという一面がある(p11)


・人間関係の苦しみを手放すには、「どのような人と付き合い、どのような人と付き合わないのか」の基準を持つこと(p31)


・お釈迦様は、「過ぎ去った過去ではなく、まだ見ぬ未来でもなく、「今、この瞬間」を一所懸命に生きることで、悔いのない人生を送ることができる」と諭しています(p247)


・相手を引き寄せる4つの智慧とは、「布施」「愛語」「利行」「同事」・・「その場にいない人を褒める」(p40)


・「苦手な人、嫌いな人、会いたくない人」との出会いは、必然である・・・「人生を教えてくれる師匠」であり、「人間的な成長」をもたらしてくれるからです(p49)


・自分が儲かっていても、儲かっていなくても、「先に、他人に与える」「先に、他人の役に立つ」のが、仏教の教える富の方程式です(p139)


・お釈迦様は、「そもそも、子どもは、親の思い通りにはならないのだから、「こういう子どもであってほしい」と期待することが間違いである」と指摘しています(p183)


・私たちの人生は、私たちだけのものではありません。祖先と子孫を結び、命のリレーをつないでいくのが、私たちの使命です(p199)


・「苦しみ」は、知らず知らずのうちに積み重ねてきた「生き方」に対してのSOS(警鐘)(p301)


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 


人気ブログランキングへ



大愚 元勝 、ダイヤモンド社


【私の評価】★★★★☆(81点)


[楽天ブックスで購入する]


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村



■目次

第1章 人間関係に苦しまない考え方
第2章 仕事の悩みとどう向き合えばいいのか
第3章 お金に惑わされない考え方
第4章 病気と健康をどうとらえたらいいのか
第5章 子どもや家族の悩みとどう向き合えばいいのか
第6章 恋愛や結婚の悩みとどう向き合えばいいのか
第7章 悩み、イライラ、ストレス、悲しみから逃れる


メルマガ[1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』]
3万人が読んでいる定番書評メルマガです。
登録無料
 



この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: