本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「仏教新論」森 政弘

(2020年3月 8日)|本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

【私の評価】★★★☆☆(75点)


■著者が伝えたいのは、仏教の本質です。


 長い歴史のなかで、仏教には自力、他力
 などいろいろな宗派が出てきましたが、
 本質は同一のなのだという。


 極端に言えば、善と悪とは一つ。
 差別も平等も同じ。つまり、
 そうした二元論を超越した世界が
 あるということです。


・自力系(天台宗・真言宗・禅宗などと他力系(浄土宗・浄土真宗など)とでは、見かけ上は正反対の教説が説かれている(p27)


■つまり著者が伝えたい仏教の本質は、
 すべてが一つになるということ。
 そして「自在」になるということです。


 つまり、自力(ミズカラ)と、
 他力(オノズカラ)が調和したとき
 うまくいくといういことでしょう。


 例えば成功哲学でいえば、
 成功するべき人格ができれば、
 自然と周囲から成功するようなことが
 起こるということです。


■原因と結果の法則と似ていると
 思いました。


 自ら努力しつつ「おかげさま」の
 気持ちを持つということで
 自在となれるのでしょう。


 森さん、
 良い本をありがとうございました。


■この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 

人気ブログランキングへ


■この本で私が共感したところは次のとおりです。

・お経を読むとひと口に言うが、それには三種類の読み方がある。第一は読誦、すなわち声を上げて仏壇の前などでお経を唱える・・・二番目は、机の前で意味をかみしめながら読む・・第三は、・・お経に書いてある内容を日常の生活に生かすという読み方である(p95)


・善・無記・悪は「一つ」・・・無記とは、善悪の価値観を昇華させて、そのものや、行為を冷静に淡々と観察した場合の表現である。たとえば、ドスはヒトを殺傷する悪の存在であり、メスはヒトを救う善の存在だが、・・・本質にだけ着目すると、共に「鋭利な鉄のへら」という善でも悪でもない無記の表現になる(p133)


・差別即平等という「一つ」・・・親指から小指まで五本とも、それぞれが違った性格と能力を持っているからこそ、お互いに協力し合って手が素晴らしいはたらきを示すことができるのである。それでいて五本の指は平等なのである(p145)


・人間一般には、とらわれと貪欲という精神作用があり、それが自分自身を苦しめ、また他人にも良くない影響を及ぼしているのがふつうである・・・金銭にとらわれ・・名誉にとらわれ・・官能にとらわれおぼれている人もある・・仏教は、何ものにもとらわれない姿勢を養うものと言ってもよいからである(p135)


・我を出して、おれが私がという自己中心的な姿勢は迷いである・・・悟りは、縁によりすべてのものに生かされているという無我の状態と見てよい(p213)


・自在性は人間が知識によって分別してでっちあげたものではなく、人間が分別という作用を働かせる以前から、大自然の基本的性質として備わっているということである・・・自在とは、ひと口に言えば、人知では計り知れないほど優れた、身心でのハタラキの霊妙性と言える・・・(p246)


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村へ



【私の評価】★★★☆☆(75点)



■目次

第1章 真なる仏法
第2章 仏教を貫く論理を超えた「一つ」
第3章 日常の「一つ」
第4章 仏道での「一つ」
第5章 自他を「一つ」に
第6章 『法華経』での「一つ」
第7章 空についての予備的考察
第8章 般若経での「一つ」
第9章 種々の「一つ」
第10章 自在学への道


メルマガ[1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』]
3万人が読んでいる定番書評メルマガです。
登録無料
 




この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: