本のソムリエおすすめ本を紹介する書評サイトです
本ナビ > 書評一覧 >

「短い言葉を武器にする」弓削徹

本のソムリエ 2019/12/18メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

「短い言葉を武器にする」弓削徹


【私の評価】★★★★☆(88点)


要約と感想レビュー

「ノートパソコン」の名付け親であるコピーライター(著者)が気を付けているのは最終的なゴールです。良いコミュニケーションとはうまく話すのがゴールなのではなく,話す目的を達成したかどうかが大事なのです。


 例えばセミナーであれば,アイスブレイクで笑わかせてノウハウを伝えることはもちろん大切です。しかしもっと大切なのは,受講者にゴールをイメージさせてゴールに誘導することなのです。 


・セミナー受講生さんに対して・・・冒頭近くのスライドで失敗例を見せ、「今日のセミナーが終わる頃には、これがなぜ失敗したか、その原因も修正の方法もわかるようになっているはずです」と話す・・(p124)


同じようにキャッチコピーのキモは,お客様が自ら買いたくなるようなウリを見つけること。


 展示会に出展するなら,大切なキモは名刺を数多く集めることではなく商品に興味を持っている人,つまり「そんなことできるの!」と思った人の名刺を集めること。


 下請工場の販路を開拓するなら,大切なキモは安くして仕事を取るのではなく,高くても買ってくれる人を探すことなのです。


・私のキャッチコピー・セミナーのキモは、「言葉遊びより、ウリを見つける」(p16)


「短い言葉」をテーマに本質に迫るコピーライター(著者)に驚きました。テーマが幅広すぎてお腹いっぱいになるかもしれませんが,目的思考だけは押さえてもらいたいという著者の気持ちが伝わってきました。


 弓削さん、良い本をありがとうございました。


この本で私が共感したところ


・まず、話す目的、ゴールを考えます・・たとえば相手のニーズは何かを考える・・「相手が聞きたい(知りたい)ことは何か」「相手はどうしたいのか」「どうしたら喜ぶのか」(p42)


・お客様は・・結局、「それで私はどう便利になるの?・・・
 ×植物性オイルとショウガ成分を配合したドレッシング
 ○ダイエット中にぴったりの健康ドレッシング(p60)


・1つの商品広告のためにコピーライターは何百本というキャッチコピー案を書く・・・量が質を生む世界。白い紙を前に、あれこれアプローチ法を変えて書いていくものです(p62)


・下請け工場の販路開拓・・・「単価を下げて仕事をとるのではなく、顧客企業がコストダウンできる技術を高く売ってください」と指導する(p194)


・落語にはよく幇間(たいこもち)が出てきます・・幇間は、旦那の意見を「左様でゲスな」とだいたいは鵜呑みにするのですが、何度かに1度はわざと異を唱えるのだそうです・・ただのイエスマンでは得られない緊張感と満足感が生まれる、というテクニック(p115)


・日頃から意見を持ち、アウトプットする習慣をつける・・・私はブログで日頃から発信していますし、メルマガも書いています(p53)


「短い言葉を武器にする」弓削徹
弓削徹、フォレスト出版


[楽天ブックスで購入する]



目次

第1章 3秒のフレーズが人生を変える
第2章 初対面で強い印象を残すコアフレーズ
第3章 会話の空気を一瞬で変えるエッジフレーズ
第4章 会議の方向を操るトリガーフレーズ
第5章 プレゼンやセールスで刺さるキラーフレーズ
第6章 スピーカーとして大勢に影響を与えるワンフレーズ


著者紹介

 弓削 徹 (ゆげ とおる)・・・コピーライター、マーケティングコンサルタント。東京・浅草生まれ。法政大学卒業後、広告代理店を経てコピーライターとして独立。SONY、サントリー、オリンパス、CASIO、雪印、JTなど家電・ITから食品まで2,200社の"売れる言葉"を設計し、販売拡大に貢献する。一貫して求めつづけているのは、よい広告ではなく「売れる」メッセージ、レジが鳴るキャッチコピー。[ノートパソコン]の名付け親。現在は、中小企業を支えるマーケティングコンサルタントとして活動。企業と顧客の出会いを加速するパワフルな1行を書きつづけている。各地の商工会議所で、キャッチコピーや販売促進などの講演・セミナー講師を500回以上務める。面白くわかりやすいと好評のキャッチコピーの書き方セミナーは、全国で1万人以上が受講している定番の人気講座。


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村


<< 前の記事 | 次の記事 >>

この記事が気に入ったらいいね!

この記事が気に入ったらシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: