人生を変えるような良い本の要約を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「今すぐ本を出しなさい ビジネスを成長させる出版入門」水野 俊哉

2019/03/20本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

今すぐ本を出しなさい ビジネスを成長させる出版入門


【私の評価】★★★★☆(80点)


要約と感想レビュー

■自ら20冊もの書籍を出している
 著者が教える出版マーケティングです。


 出版することでテレビに出れるような
 有名人になる人もいれば、
 独立起業する人もいれば、
 自分の商品を売る人もいる。


 出版することで信用が高まり、
 自分をブランド化することができ
 知名度が上がるのです。


・出版マーケティングが優れている理由
 1 信用度が高い
 2 有名になり、講演会や取材のオファーがある
 3 バックエンド商品が売れる(p33)


■出版社は売れる本だけを出したいので、
 出版にあたっては自分の目的と
 タイトルが合っているのか
 考える必要があるのでしょう。


 例えば自分で作っている商品の
 良さを告知したいのなら、
 その開発秘話を書けばよい。


 コンサルタントなら
 自分のコンサルで顧客がこれだけ
 改善されたという実績を書けばよい。


 自分の目的と書籍の内容が
 直結していることが
 大事なのです。


・「出版後の自分の姿」を思い描く・・自分に適したターゲット層や、自分がどういうブランド力を確立したいのかを明確にしておく(p48)


■商売をしているのなら、
 出版マーケティングは考えてみる
 価値があると思います。


 だれしも人生の中で
 何かしらの修羅場を経験しているはずですし、
 文章が書けないとしてもゴーストライターに
 書いてもらうこともできるからです。


 出版入門としては十分すぎる
 内容だったと思います。


 水野さん、
 良い本をありがとうございました。


この本で私が共感した名言

・「このジャンルであれば、自分はナンバー1だ」と言えるものを探し、それを自分の強みとして全面に前に出すのがおすすめです(p90)


・代表的な「つかみ」のパターンには「回想型」「予告三振型」「説教型」「自慢型」「ロジック型」「エモーショナルマーケ型」などがあります(p148)


・予告三振型・・・予告三振とは、逆にピッチャーの方から、「今からおまえを三振させる!」と相手を挑発するもの(p152)


・ライティングのテクニック・・・
 1 極論を言う
 2 極端な設定にする
 3 拡大か縮小をする
 4 特定のジャンルに置き換える
 5 キャラクターを立てる
 6 場面や状況を描写する
 7 パターン化する
 8 しゃべり口調で書く
 9 英訳して頭文字を並べる
 10 セールスレターっぽく書く
 11 パクる(p186)


・ビジネス書作家としてやることは、「作るまでは執筆に専念。本ができた後は、プロモーションに専念する」ということ(p210)


・ある程度のお金をかけることで、ベストセラーを作ることは不可能ではありません・・・1冊あたり5000万円ほどのプロモーション費用をかけたというケースもあったそうです(p223)


・「せっかく本が出たのに、薄情なもので誰も協力してくれなかった」という人は、それは単純に己の人間力不足です(p246)


・例えば、あなたが本を出したことを記念して、出版記念セミナーを開催したとします・・・新規見込み客リストを手に入れることができます(p251)


・私がぜひおすすめしたいのが、「本の内容を伝えるセミナーを開催する」というものです。仮に1万円のセミナーに30人が集まれば、1日に約30万円の売り上げに繋がります(p255)


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
blogranking.png


人気ブログランキングへ


▼引用は下記の書籍からです。

今すぐ本を出しなさい ビジネスを成長させる出版入門
水野 俊哉
秀和システム
売り上げランキング: 53,317


【私の評価】★★★★☆(80点)


[楽天ブックスで購入する]



目次

第1章 あなたのビジネスが劇的に変わる「出版マーケティング」
第2章 本を出す前に「ゴールセッティング」をしておこう
第3章 まずは出版社に「企画」を通そう
第4章 売れる本の「まえがき」「目次」全パターン
第5章 売れる本の「本文」全パターン
第6章 本は作った後の「プロモーション」が勝負
第7章 出版後、人生はこう変えろ


著者紹介

 水野 俊哉・・・1973年生まれ。大学卒業後、金融機関に就職。退職後、インターネット通販関連の会社を企業し、成功するも、驕りから業績悪化、取締役解任。その後、経営コンサルタントとしてベンチャー企業経営に係わる。



にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村


この記事が気に入ったらいいね!

この記事が気に入ったらシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: