「アマゾン、ニトリ、ZARA・・すごい物流戦略」角井 亮一

|

アマゾン、ニトリ、ZARA...... すごい物流戦略 (PHPビジネス新書)

【私の評価】★★★★☆(86点)


■物流の視点から優良企業の経営を
 教えてくれる一冊です。


 物流は目立ちませんが、
 やり方によって結果が
 はっきり分かるところが面白い。


 物流戦略がその会社の
 利益に大きく影響するのです。


・セブン・イレブンが同じ物流重視の考え方です。
 関西や中国地方などへの進出の際には、
 惣菜工場や物流センターを作るのが先でした。
 また、店舗を出店するかどうかは、
 物流部隊に決める権限があります(p18)


■具体的な企業の物流事例が面白い。


 例えばアマゾンの配送費比率は約12%。


 ZARAを運営するインディテックスでは
 世界の店舗に発注から48時間以内に
 商品を配送している。


 ヨドバシカメラでは、
 店舗とネットショップで在庫と価格を
 一元管理しており、
 どちらでも同じように買える。


・(ZARA)出荷指示からの時間軸で見ていくと、
 1時間後にはスペインにある物流センターに商品情報が
 送られ商品を確認、2時間後には出荷準備が開始され、
 8時間以内に商品の出荷が完了します。ヨーロッパの
 店舗ではトラック便で36時間以内に商品が到着。
 ヨーロッパ以外の店舗の場合は、航空便により
 48時間以内に到着というのが基本です(p177)


■世界のベストプラクティスを知り、
 そこから学ぶことが大事だと思いました。


 理論も大事ですが、
 実際に成果を出している仕組みは
 説得力があるのです。


 角井さん
 良い本をありがとうございました。


───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・アマゾン・・営業利益の黒字化を達成した
 2002年ごろには配送費比率は10%近く
 かかっていましたが、年々配送費用を効率化し、
 2009年には7%程度にまで引き下げました。
 ところがそこを境に、配送比率は再び右肩上がり・・
 2015年には、配送費が100億ドルを超え、
 配送費比率も約12%に上昇・・・顧客の
 利便性を重視した将来に対する先行投資(p36)


・ヨドバシカメラ・・・
 オムニチャンネルでの対応・・・
 まず、「在庫の一元管理」です。
 これはネットショップ、リアル店舗の店頭、
 物流センター、移送中のトラックにある商品在庫を
 リアルタイムで管理することです・・・
 次に「価格の統一」です(p243)


・同社(アイリスオーヤマ)では、コストをかけた
 マーケット調査というものを行いません。
 「マスを対象にリサーチしてもだいたいニーズは
 同じものになり、そこからは潜在需要はわからない」
 という考えが根底にあるからです(p143)


・アイリスオーヤマの工場の稼働率に対する
 考え方もユニークです。
 100%稼働させることはなく、稼働率65%程度、
 常時3割以上の余裕をもたせておくのが基本です・・
 稼働率65%で運用していれば・・
 生産設備の追加投資をすることなく
 増産への対応が容易になります(p161)


・ニトリグループでは商品の約90%を、部品の調達
 (一部部品では自社製造も行っている)から
 組立まで海外で生産しています・・・
 国際分業によりコストは半分になりました・・
 品質管理について大きく改善したのは、
 2004年に元広州ホンダ技術総監の杉山清氏が
 参画してからです。杉山氏は自動車生産の
 品質管理手法を取り入れ、不良品クレーム率を
 3.5%から0.2%まで大きく改善させました(p103)


・「在庫テコの原理」・・・
 在庫が増えるとテコのようにコストが
 2倍3倍と上がる・・返品もありますし、
 そもそも送る必要のない商品を
 送るコストもかかります。
 在庫を置く倉庫賃料もかかりますし、
 廃棄コストもかかります(p300)


・通常のアパレル製品の場合、プロパー販売率
 (発売時の店頭価格で売り切る割合)は
 60%あればかなり効率的と言われていますが、
 インディテックス(ZARA)ではプロパー販売率は
 90%にもなるそうです。ムダの少ない販売で
 定評のあるユニクロでも75%程度です(p187)


・ニトリ・・社員1人当たり年間で平均研修時間を
 約36.6時間もかけています。1人あたり
 (パート・アルバイトを含めた)の平均教育費は
 約26万円。上場企業の平均の5倍にもなります(p82)


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
blogranking.png


人気ブログランキングへ


アマゾン、ニトリ、ZARA...... すごい物流戦略 (PHPビジネス新書)
角井 亮一
PHP研究所
売り上げランキング: 43,957

【私の評価】★★★★☆(86点)

[Amazonで購入する]

[楽天ブックスで購入する]



■目次

序章 なぜ、物流戦略なのか?
第1章 アマゾンの物流戦略
第2章 ニトリの物流戦略
第3章 アイリスオーヤマの物流戦略
第4章 ZARAの物流戦略
第5章 DHLの物流戦略
第6章 オムニチャネルと物流戦略
終章 物流戦略の4C



にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村




この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)