本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「生くる」執行 草舟

(2015年10月13日)|本のソムリエ
このエントリーをはてなブックマークに追加

生くる

【私の評価】★★★★☆(83点)


■著者は、しぎょう・そうしゅう、さん。
 理屈で考える人だったらしい。


 考えて考えて、本を読んで本を読んで、
 その結論が凝縮されています。


 その結論とは、知識や理屈ではなく、
 人との係わり、恩と義理人情が大切であり
 自分の使命を生きるということです。


・理解しようとするな、わからぬままに、突き進むのだ。(p11)


■愛が理屈ではないように、
 使命とは理屈ではないのです。


 自分という宿命を受け入れ、
 自分のやるべきことをなす。


 若いときには、他人と自分を比べて、
 気持ちが不安定になることもあると思いますが、
 自分の人生を生きればいいわけです。


・私は自分なりに自己の宿命を深く認識し、それをよしとして、初めて自分の人生を歩み出すことができた・・・他人と比較さえしなければ、宿命の認識は誰にでもできる(p278)


■深い一冊でした。
 私もあと10年経てば
 わかるような気がしました。


 執行さん、
 良い本をありがとうございました。


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・貪(むさぼ)りは、与えられ続けていることをわからぬ幼児性から起こる・・・最初は一回一回、他人から受けたものに対してけじめをつけるのが一番良い(p107)


・自分が価値のある大きなことをしていれば、それなりの大きな反作用が壁のごとく目の前に出現してくる(p158)


・我々は壁をいやがるが、実は壁が次々に出てこない人生は、作用がない人生、つまり生ける屍のような人生なのだと深く考えてほしい(p159)


・世間体を良くするとは、世間の恩恵に対して、自分も世間の一員として恩返しをすることを意味する(p229)


・まず、他者から精神的な傷を受けたなら、それを正しく恨みとして強く把握しなければならない・・次にそれを暴力的報復ではなく、見返すエネルギーに自己の中で転換する・・・必ず報復しなければなない・・相手を凌駕し、それを相手に見せつける(p327)


生くる
生くる
posted with Amazonアソシエイト at 15.10.12
執行 草舟
講談社
売り上げランキング: 19,349


【私の評価】★★★★☆(83点)


読書のすすめで購入する



楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 

人気ブログランキングへ


■目次

理解しようとするな、わからぬままに、突き進むのだ。―わからぬがよろしい
読書とは、歴史と自己が織りなす、血と魂の触れ合いである。―読書論
人がいて、初めて学問があった。人が去れば、技巧と堕する。―「学」とは何か
心の深奥に棲むものがある。我々は、それに魅入られている。―真実とは何か
人の情は切ない。ゆえに無垢なる心がふるえるのだ。―一片の赤誠
自由に見えるものは消え失せるが、制約は創造性を引き寄せる。―制約の有難さ
科学とは、試論にすぎない。―科学的の幻惑
本物を求めてはならない。恋焦がれ、想像するのだ。―本物にもの申す
礼は科学である。目に見えぬものと対峙する東洋の叡智なのだ。―礼について
死を想え、貫くものを見なければならない。―貫くということ


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ20.png
にほんブログ村


この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: