「出世の99%は「挨拶力」で決まる」櫻井 弘

|

出世の99%は『挨拶力』で決まる

【私の評価】★★★★☆(80点)


■話し方研究所の
 櫻井 弘さんの一冊です。


 前半は挨拶、
 後半は言い方の具体例という
 構成になっています。


 挨拶や言い方しだいで
 印象は大分変るのですね。


・上司よりも先に退社する時
 ×「それでは帰ります」
 ○「田中課長、お先に失礼させていただいて
   よろしいでしょうか
」(p84)


■部下は上司を立てながら、
 言いたいことを言う。


 上司は部下をねぎらいながら、
 仕事を期限までにやってもらう。


 どう言っても
 こじれる時はこじれるもの。


 ただ、言い方で逃げれるなら、
 うまく逃げたいものです。


・×「こんなにお願いしているのに、
   どうしてわかってくれないんですか」
 ○「お立場からすれば、当然のことと
   理解しているつもりです
」(p60)


■具体例が多く、言い方の基本を
 学ぶには良い本だと思いました。


 入門編としておすすめします。


 桜井さん、
 良い本をありがとうございました。


────────────────────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・私の知りあいに、とあるコンピュータ会社の
 マネジャーがいるのですが、・・
 彼はメールをくれた一人ひとりに直接
 返事を伝えに行くと言います(p24)


・会社に一番乗りをする理由のひとつは、
 出社時の部下の様子を
 観察する
ためなのです(p25)


・「われわれ」という目線合わせフレーズを
 使うことで、売上げを伸ばすという目的を
 共有した対等な目線で・・・(p45)


・まれに目をつぶりながら、
 部下や後輩の報告を聞く人がいます・・
 相手に与える印象は
 決していいものではありません(p103)


・取引先の偉い方に偶然、会った時
 ×「先日はありがとうございました」
 ○「私、○○会社の木下と申します。
   いつもご担当の古田様に
   お世話になっております」(p68)


・△「僭越ではございますが・・」
 ○「ありがたく存じます」(p90)


・×「○○さん、あの件ですが~(すぐに話しかける)」
 ○「お忙しいなか恐れ入りますが、
   ほんの少しだけお時間いただけますか?」(p52)


・×「課長の考え方は間違っています。
   AよりBがいい・・
 ○「課長はAというご意見ですね。とてもよく
   理解できます。しかし、もし予算面から見た場合、
   Bという選択肢もあるのではないでしょうか?」(p86)


・「つかみ思考」・・
 1 つなげる・・本論につながる話題を選ぶ
 2 関心・・相手の関心事を選ぶ
 3 身近なもの・・相手の身近なものを選ぶ
 4 質問・・○○について知っていますか
 5 項目・・「本日は2つの話をします」・・
 6 動かす・・「早速、隣りの人と情報交換を・・」
   などと出席者に行動を促す(p72)


出世の99%は『挨拶力』で決まる
櫻井 弘
双葉社
売り上げランキング: 199,933

【私の評価】★★★★☆(80点)


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 

人気ブログランキングへ


■目次

1 なぜ、出世のために「挨拶」が重要なのか?
2 出世する人に学ぶ「挨拶」の心得
3 明日から使える「出世ワード」
4 「よい挨拶」は言葉だけでは成り立たない
5 顔が見えないからこそ重要な挨拶


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ20.png
にほんブログ村



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)