「ゼニの幸福論」青木 雄二

| コメント(0) |

ゼニの幸福論 (ハルキ文庫)

【私の評価】★★★☆☆(75点)


■「ナニワ金融道」で一発当てて、
 セミリタイアした青木さんの一冊です。


 物心両面で満たされてこそ
 幸せである、
 と、松下幸之助のようなことを
 言っています。


 キャバレーやパチンコの 
 店員として働いていた
 青木さんが言うと
 リアルですね。


・"幸福とは、精神的にも
  物質的にも満たされている状態"
 だと、僕は考えるのである(p45)


■資本主義とは、
 ゼニを基準とした世界です。


 そこには競争があり、
 貧富の差があり、
 さまざまな矛盾があります。


 しかし、その中でも
 成功し幸せな人はいる。


 理想の社会に見えるだけの
 共産主義よりはましなのです。


・ゼニがあって自由なのは、最高に幸福である・・・
 しかし、資本主義の世の中は、厳しい競争社会である。
 成功できる人間は、ほんの一握りしかいない。
 それでも、ゼロではない(p149)


■誰もが考えるであろう、
 「ゼニとはなんなのか」
 という命題。


 みなさんも考えてみませんか。


 青木さん、
 良い本をありがとうございました。


─────────────────────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・ゼニを貸す人間がいるのは、
 ゼニを借りる人間がいるからや。
 貸した人間は、なにもしないで、
 利子という不労所得を得られる・・(p18)


・僕の尊敬するロシアの作家ドフトエスキーは、
 「貨幣は鋳造された自由である
 という名言を残している(p25)


・人間が生きていくには、ゼニがかかる。
 世の中のすべての事柄の土台はゼニである。
 といういたって冷淡な事実である(p29)


・みんな、騙されてはいけない。
 職業には貴賤があるのである。
 ラクして儲かる仕事
 威張りながら儲けられる仕事と、
 しんどくて儲からない仕事、
 威張られて儲からない仕事があるのである(p49)


・人間、遊んで暮らすのが
 最高の幸福である(p53)


・三か月だけ町役場に勤めたことがあった。
 あれはラクやったなぁ。・・・
 公務員にはタイムカードがなかった(p86)


・五百万以下では、奥さんがフルタイムで働き、
 六百万前後では、奥さんがパートタイムで働き、
 八百万以上では、奥さんは専業主婦をしている(p158)


・自分を理解してくれる伴侶を見つけるのが
 やっぱり最高の幸福やと僕は思う(p164)


ゼニの幸福論 (ハルキ文庫)
青木 雄二
角川春樹事務所
売り上げランキング: 148,723

【私の評価】★★★☆☆(75点)

■目次

序章 あっ、幸せが逃げていくがな!
第1章 幸せの素―ゼニこそ幸福の源泉である!
第2章 幸せの裏側―ゼニを貪る奴らを許すな!
第3章 幸せの発見―ゼニがなくとも幸福になれる!
第4章 幸せの結晶―愛はゼニを超えられるか
第5章 幸せの止揚―幸福とは闘い取るもの!


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングへblogrankings.png


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ20.png
にほんブログ村


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)