本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「新人OLひなたと学ぶ どんな会社でも評価されるトヨタのPDCA」原 マサヒコ

2014/08/01本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

新人OLひなたと学ぶ どんな会社でも評価されるトヨタのPDCA


【私の評価】★★★★☆(81点)


内容と感想

■トヨタ販売店の新入社員とともに
 トヨタ式の仕事を学ぶ一冊です。


 著者が実際に神奈川トヨタで
 社員として学んだことなので、
 リアルです。


 非常識な目標を立てる・・
 とにかくやってみる・・
 ベンチマークする・・


 仕事の王道ですね。


・いくらプランを立てるからといっても、
 数字ばかりを追いかけちゃダメだよ。
 何かをする時は、『なんのためにやるのか
 を忘れちゃいけない。(p56)


■こうしたことは、
 個人で知っている人は多いと思いますが、
 組織として教えているのがすごい。


 教えるために「視える化」「にんべんを足す」
 「2段階、高い視点で考えろ」といった
 わかりやすいコトバを作っていることもすごい。


 小さな組織にも、
 そうしたトヨタ式が浸透しているのが
 すごいです。


・動くんじゃなくて、働く・・・
 働くってのは『にんべんを足す』、
 つまり人間としての知恵や行動を足して
 対応しろってことだよ(p166)


■教育も改善が必要だと感じました。


 改善を続けていけば、
 組織として教えていく仕組みが
 できるのでしょう。


 改善、改善、改善・・
 終わりがないのですね。


 原さん、
 良い本をありがとうございました。


この本で私が共感したところ

・「視える化」・・・まずは仕事のたな卸しとして、自分が日々やっていることを書き出すことから始めるんだ(p20)


逆らわず、従わず・・・ただ、なんでもかんでも言われた通りにしていては、キミの存在価値はない。もっといい方法があるという判断ができれば、時には従わなくても構わない(p104)


・『巧遅より拙速』で動いたお前の功績は大きい。よくやったな。(p196)


・組織の離れ小島を作っちゃいけないんだよ。単独行動をさせてしまうと、改善点もわからないし効果測定もできない。チームで連携して動かなければいけないんだ。それをみんなわかってて、率先して手伝ってくれたってことだろう(p196)


・非常識な目標を立てる・・・1+5を、今度は「60にできないか?」「70にできないか?」・・と考えていくのです(p223)


・評論家はいらない・・・トヨタには昔から「反対するなら代案を出せ」という言葉があります(p230)


・2段階、高い視点で考えろ・・・「自分が課長だったらどうするか」「自分が部長だったらどうするか」という視点でものごとを見ていく(p230)


▼引用は下記の書籍からです。

新人OLひなたと学ぶ どんな会社でも評価されるトヨタのPDCA
原 マサヒコ
あさ出版
売り上げランキング: 1,938


【私の評価】★★★★☆(81点)



目次

Proiogue 今のキミには、PDCAが足りない
Chapter1〈PLAN〉計画も立てずに、給料が上がると思ってない?
Chapter2〈DO〉実行しなければ、キミは変われるワケがない
Chapter3〈CHECK〉自分を正しく評価できれば、会社からも評価される
Chapter4〈ACTION〉カイゼンを続けていけば、ヒナ鳥だって世界ではばたける
よくわかる! 解説 「トヨタのPDCA」は、なぜ強い社員・強い組織を作るのか?


著者紹介

 原 マサヒコ・・・プラスドライブ株式会社 代表取締役。1996年神奈川トヨタ自動車株式会社にメカニックとして入社。トヨタ技能オリンピックで最年少優勝。「アイデアツールコンテスト」でも2年連続全国大会出場。デルコンピュータに転職し「5年連続顧客満足度No.1」に貢献。現在はWEBマーケティング会社の代表。


この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ43.png
にほんブログ村

楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: