本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「1年後の君へ―なりたい自分に変わる近道を教えよう 」秋元 康

2013/12/24本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

1年後の君へ―なりたい自分に変わる近道を教えよう


【私の評価】★★★★☆(88点)


内容と感想

■AKB48を立ち上げた秋元康さんがお伝えする
 自分らしく生きるコツです。


 高校生のときから、放送作家として
 TV局に出入りしていた秋元さんらしく
 我が道を行くコツが秀逸。


 いわゆる自然体でいいじゃないか、
 ということです。


人は誰も自分に期待していないという、この原則に気づくこと。(p37)


■誰もあなたには期待していない。
 別に好かれる必要もない。


 自分の思ったことをするならば、
 嫌われてもかまわないという
 覚悟を持つということです。


 「覚悟」という言葉に、
 思わず納得してしまいました。


嫌われる覚悟を決める・・・相手の反応に振り回されないほうが、人間関係もうまくいく(p26)


■こうしたコツを聞いていると、
 秋元さんも悩んだり考えるところが
 あるのだと思いました。


 それをこうして考えることで、
 乗り越えてきたのでしょう。


 秋元さん、 
 良い本をありがとうございました。


この本で私が共感した名言

・女性なら、男性から「君ってブスだな」と言われたときに、「あなたに私のよさはわからない」と言えるかどうか。「きれいでスタイルのいい女がいいなら、どうぞそちらへ行きなさい」と言えるかどうかです(p21)


・講演会でたくさんの人を前に話をすることがあります。このときも、みんなを感動させるぞとか、立派なことをじゃべるぞなんて思っていない。・・自分にできる話をして、ちょっとでも面白がってもらえばそれでいいと思っています(p36)


・幸せというのは、今あるもので自分がどれだけ楽しめるかです(p53)


・一度死んだと思ってみる(p155)


・人との関わりのなかでは、ぶつかることもあれば、けんかになることもあります・・・もうひとりの自分が、ここにいる自分を見つめるトレーニングをしてみてください(p112)


・結果を予測するのはやめなさい。行動してからのことを心配するのはやめて、まずやってみなさいということです。・・・失敗しても、人生はいくらでもやり直しができるのです。失敗したら、それは次の行動のヒントになります。(p145)


・人間は働かなくては生きていけない。・・・しかし、もしも仕事よりやりたいことがあるなら、やりたいことを優先させるべきです(p180)


・自分にはやりたいことがないという人がいます・・・だとしたら、日常生活のなかで、小さなことから始めてください(p76)


・友達はレストランのメニューのようなもの・・・いちど会った人との縁は、絶対に切らないようにすること。誰かから紹介された人がいたら、自分から電話してみる・・・道でばったり会ったら、自分からお茶に誘ってみる。自分のほうからノックして、友達をつくることです(p102)


1年後の君へ―なりたい自分に変わる近道を教えよう
1年後の君へ―なりたい自分に変わる近道を教えよう
posted with Amazonアソシエイト at 13.12.23
秋元 康
青春出版社
売り上げランキング: 204,971


【私の評価】★★★★☆(88点)



目次

1 今の場所から一歩ふみ出したい君へ
2 小さなチャンスで大きく変わろう
3 夢をかなえる決めてを教えよう


著者紹介

 秋元康(あきもと やすし)・・・作詞家。高校時代から放送作家として『ザ・ベストテン』など数々の番組構成を手がける。1983年以降、作詞家として、美空ひばり『川の流れのように』をはじめ、中島美嘉『WILL』、EXILE『EXIT』ほか、数々のヒット曲を生む。2008年11月、ジェロ『海雪』にて第41回日本作詩大賞受賞。1991年、松坂慶子・緒形拳主演『グッバイ・ママ』で映画監督デビュー。企画・原作の映画に『着信アリ』シリーズ、『伝染歌』など。2005年4月、京都造形芸術大学教授、2007年4月、同大学副学長。TV番組の企画構成、新聞・雑誌の連載など、多岐にわたり活躍中。アイドルユニット"AKB48"と"SKE48"の総合プロデューサーも務める


この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
36,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
>>バックナンバー
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。

この記事が気に入ったらいいね!

この記事が気に入ったらシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: