「FUKUSHIMAレポート~原発事故の本質~」

|

FUKUSHIMAレポート〜原発事故の本質〜

【私の評価】★★☆☆☆(66点)


■福島第一原発事故で、早期に海水注入をしていれば、
 メルトダウンは防げた!という一冊です。


 確かに、現場にいた運転員が、
 神のごとく正しい判断をし、
 正しい行動をすれば、
 メルトダウンは防げたのかもしれません。


 さっさとベントして、
 海水を注入すればいい。


 しかし、それは神でなければ無理であり、
 だれがやっても安全に原発は止まる
 という仕組みが原発には必要なのでは?


 そのためには、電源の確保が
 絶対的に必要だったのでは?


 意見として正しいのかもしれませんが、
 ちょっと疑問符がつきました。


早くベントと海水注入をして冷却を進めるべきだ
 思ったので、隔離時冷却系が停止するまで待つ理由を東電、
 保安院、安全員会のメンバーに質問しています。
 回答は次のようなものでした。
 できるだけ温度と圧力が十分上がってからベントした方が、
 放出できるエネルギーが大きい。一度しかできないので、
 最も効果的なタイミングで行う(p24)


■後半は国の原子力政策と、
 民間電力会社による原子力の建設と、
 それを受け入れる地元の実情。


 風評被害から、電力会社の発送電分離と
 関係する議論が続きます。


 そういう意味では、
 地元に与えた経済的被害も甚大ですが、
 国家のエネルギー戦略さえも
 リセットしてしまった事件だったと感じました。


 まだまだ原子力の問題は続きそうです。


 FUKUSHIMAプロジェクト委員会の皆様、
 良い本をありがとうございました。


-----------------------------------------------------------------


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・ヨーロッパの原子炉では、ベント管にフィルターが設置されていて、
 放射性物質の外界への放出を100分の1以下に
 低減するようになっている。(p34)


斑目は現在、原子力安全委員会の委員長で、
 当時は東京大学教授として証言している。
 「非常用ディーゼル2個の破断も考えましょう、
 こう考えましょうと言っていると、設計ができなく
 なっちゃうんですよ。つまり何でもかんでもこれも
 可能性ちょっとある。そういうものを全部
 組み合わせていったら、ものなんて絶対作れません。
 だからどっかでは割り切るんです(p186)


・発送電分離によって送電網を国有にできるのなら、
 長年の悲願である電力事業国営化への可能性が開ける。
 東京電力福島第一原発の事故後、
 「原発はすべて国の管理とすべきだ」
 との声が小さくない。東電憎しの勢いからである(p425)


FUKUSHIMAレポート〜原発事故の本質〜
FUKUSHIMAプロジェクト委員会
日経BPコンサルティング
売り上げランキング: 201,672

【私の評価】★★☆☆☆(66点)

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


■目次

第1章 メルトダウンを防げなかった本当の理由―福島第一原子力発電所事故の核心
第2章 3・11に至るまでの日本の原子力安全規制
第3章 日本の原子力政策─核兵器製造力とエネルギー自給を高速増殖炉に託す
第4章 原発が地域にもたらしたもの
第5章 風評被害を考える
第6章 電力事業における原子力発電の位置
第7章 原発普及の今後


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
36,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)