本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発の五〇〇日」門田 隆将

(2013年4月 7日)|本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発の五〇〇日


【私の評価】★★★★★(90点)


内容と感想

■福島第一原発事故の発生から、
 FUKUSHIMA50と呼ばれる決死隊が
 編成されるまでの現地の状況を
 再現した一冊です。


 およそ6mの津波しか想定していない
 原子力発電所に 15mの津波が来れば、
 これはもうどうしようもない。


 そうした中で、現地はその場にあるもので、
 なんとかしようと努力したことがわかります。


・ここに俺たちがいる意味ってあるんですか。・・・われわれが中操から退避するということは・・・もうこの発電所の地域、まわりのところをみんな見放すことになる・・・だから、俺たちは、ここを出るわけにはいなかい(p206)


■不眠不休のなか、原子炉への注水、
 ベントの準備、本店や官邸との対応等、
 現場は限界に近かった。


 電力がなければ、中央制御室にいても
 操作も、確認もなにもできない。


 炉心の推移や圧力データも本当に
 正しいデータなのかどうかわからない。


 1号機が爆発する。
 敷地内の線量はどんどん増えてくる。
 3号機が爆発する。


 そうした先が見通せない中、
 最後に残った人たちは、
 命を懸けていたのは間違いありません。


・トイレは水も出ないから悲惨ですよ。流すこともできませんからね。・・・とにかく真っ赤でしたよ。みんな、血尿なんです・・・誰もが疲労の極にありましたからね。およそ六百人が避難して、免震重要棟に残ったのは「六十九人」だった。(p278)


■太平洋戦争と同様に、
 戦略(基本設計)の失敗は、戦術や精神力では
 カバーできないことがよくわかりました。


 準備がなければ、現場がどんなに頑張っても、
 どうしようもないことがあるのです。


 福島第一原発の現場が
 どうなっていたのかを知るためには、
 ベストの一冊ではないでしょうか。


 門田さん、
 良い本をありがとうございました。


この本で私が共感した名言

・「最後だから、写真を撮りましょう」・・「縁起でもないから、やめろ」・・・「私たちは主に格納容器の圧力と原子炉水位計のデータをとるのが仕事でした。・・・そういうなかで、いつが"最後"になるかもわからないので、私はみんなの写真を撮っていったんです(p228)


・「おまえ、海水注入はどうした?」・・武黒は後輩の吉田を「おまえ」と呼ぶほど近い関係にある。「やってますよ」吉田は平然と答えた。・・・「それまずい、それ」「どういうことですか」「とにかく止めろ」「なんでですか。入れ始めたのに、止められませんよ」「おまえ、うるせえ。官邸が、グジグジ言ってんだよ!」(p220)


・総理一行に、所長の吉田としては、きちんとしたマスクなど、一定の装備をしてもらわなければならなかった。そのための装備の余裕がなかったのである・・・"本店で用意してくれ"と言ったんです。しかし、本店は、"現場でやってください"と言う。・・・"ふざけんじゃねえ"と、大喧嘩になりました(p138)


・現場に向かう時は必ず、私の許可の上で、制限時間は"二時間"とする。そして単独行動ではなく、必ずペア、すなわち二人で行動すること。・・・何時に出発したか、そして戻ったかを、必ずホワイトボードに書くこと(p61)


・「行方不明四十名!」そのあと緊対室に轟いた声に、吉田は凍りついた。(これで、俺はここから生きて出るわけにはいかない)(p239)


▼引用は下記の書籍からです。

死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発の五〇〇日
死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発の五〇〇日
posted with Amazonアソシエイト at 13.04.07
門田 隆将
PHP研究所
売り上げランキング: 82


【私の評価】★★★★★(90点)



この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


目次

第1章 激震
第2章 大津波の襲来
第3章 緊迫の訓示
第4章 突入
第5章 避難する地元民
第6章 緊迫のテレビ会議
第7章 現地対策本部
第8章 「俺が行く」
第9章 われを忘れた官邸
第10章 やって来た自衛隊
第11章 原子炉建屋への突入
第12章 「頼む!残ってくれ」
第13章 一号機、爆発
第14章 行方不明四十名!
第15章 一緒に「死ぬ」人間とは
第16章 官邸の驚愕と怒り
第17章 死に装束
第18章 協力企業の闘い
第19章 決死の自衛隊
第20章 華族
第21章 七千羽の折鶴
第22章 運命を背負った男


関連書籍

「レベル7福島原発事故、隠された真実」東京新聞原発事故取材班
「死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発の五〇〇日」門田 隆将
「原発再稼働「最後の条件」:「福島第一」事故検証プロジェクト最終報告書」 大前 研一
「原発と大津波 警告を葬った人々」添田 孝史
「FUKUSHIMAレポート~原発事故の本質~」
「ザ・原発所長(上・下)」黒木 亮


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
50,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。

この記事のシェアをお願いします

この著者の本 : , ,


コメント(1)

朝日新聞が、故吉田昌郎元福島第一原発所長の調書を暴露しました。公表しないという前提で調書が取られれているのに、朝日新聞らしい。

さらに、朝日新聞は「事故直後に第一原発事故現場にいた所員が吉田所長の命令に背いて、第二原発に撤退してしまった」していますが、私にはそう読めませんでした。

吉田所長は、とにかく「避難」するよう指示したのです。その中で福島第二発電所に避難した人がいたというだけなのです。

あの状況で、現場に留まっていることがありえないのです。命令に背いたはずがないし、そんなことは書いていない。朝日新聞は、とんでもないねつ造会社だと思います。

この一件だけでなく、過去に同じようなことをしつづけてきたことを考えれば、これはもう間違いではなく、会社として確信を持ってこうしたことをしていると思います。


同じカテゴリーの書籍: