「福島原発で何が起こったか」淵上 正朗、笠原 直人、畑村 洋太郎

|

福島原発で何が起こったか-政府事故調技術解説- (B&Tブックス)

【私の評価】★★★☆☆(72点)


■政府の事故調査・検証委員会メンバーが
 その膨大な報告内容を
 一般の人にも読める形にまとめた一冊です。


 これ一冊では十分ではないと思いますが、
 事故の流れはわかるでしょう。


 現地の東京電力の社員は、
 できることはやったのだと思います。


・(3月13日)14時31分頃(数多くの危険な兆候)
 この頃、(3号機原子炉建屋)二重扉北側で300mSv/hという
 高い線量が計測され・・・15時28分には、3号機中央制御室でも
 12mSv/hという高い線量となった。運転員は、中央制御室の
 同じ部屋の中でも線量の低い4号機側に避難した。(p88)


■福島第一原子力発電所では、
 1階面で海水が70cmも浸水し、
 配電盤が壊滅したのが致命的でした。


 電源が確保できなければ、
 できることは限られます。


 現地の運転員に自動車のバッテリーを集めて、
 直流電源の替わりとして使おうと考える時点で、
 勝負は決まっていたということです。


・今回の事故で致命的だったことは、「配電盤などの配電系が、
 浸水というたった一つの原因で事実上全滅
」したこと・・・
 配電盤は、複数の配置やプラント間の融通などにより
 「多重性」は確保されていたが、多くが地下1階に集中的に
 配置されていたため・・・「単一原因で全滅」(p124)


■この本の特徴として、
 失敗学からの考察があります。


 海外では911をきっかけにテロを含む
 重大事故対策が進むなかで、
 日本では"視野狭窄"が起きていたという。


 柏崎刈羽の地震被害→地震対策に集中
 シュラウドのひび割れ隠し→小さい物事にも対応
 シビアアクシデント→「寝た子を起こすな」発言


 つまり、日本では官僚の保身のために、
 どんどん形式的な管理、規制を行うように
 なっていったというのです。


・アメリカではテロなどを考えた広い意味での
 アクシデントマネジメントがきちんと行われるように
 なったのに対し、日本では地震に対してのみ注意が集中し、
 しかも形式的な管理・規制を行う方向に走っていった(p147)


■東京電力の社員は、社会的にも経済的にも
 たいへんなことになっていると思います。


 では、原子力を電力業界と協力して推進し、
 「寝た子を起こすな」と発言した
 経済産業省原子力安全・保安院および
 内閣府原子力安全委員会の人たちは今・・・。


 消えた年金と同じように、
 すべてはうやむやになるのでしょう。


 畑村さん、
 良い本をありがとうございました。


━━━━━━━━━━━━━━━━━


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・1~4号機の配電盤については、M/Cのすべてと、多くのP/Cが
 水没して機能を失っていた。そのため仮に、外部電源が無事に
 発電所の開閉所(入口)まで送電できていたとしても、
 全交流電源喪失という状況は、事故当初にはあまり
 変わらなかったと考えられる(p43)


・フェールセーフで(ICの)バルブが閉めるように設計されている理由は、
 異常時には「放射能を絶対に漏らさない」よう、
 「まずはバルブを閉めるべき」という思想による。
 一方、炉心冷却を優先すべき重大事故時には、
 「バルブは開いてなければならない」という相反する要求がある。
 「小さな事故も許さないのか」、それとも
 「重大事故防止のために小さな被害は許容するのか」という
 根本的な選択の問題がある。(p53)


・アメリカ・アラバマ州ブラウンズフェリー原子力発電所(Mark1)。
 計器を8時間読み取れるよう移動式の直流
 電源(バッテリー)が準備されている。・・・
 非常用D/Gは、厳重な水密扉の部屋の中に設置(p129)


・アメリカ・コネチカット州ミルストン原子力発電所(Mark1)。
 福島第一原発1号機のIC弁は、格納容器の中にあるものについては
 手動で開けられない。しかし、ここでは電源喪失時に
 手動で開ける訓練が行われている
(p130)


・アメリカ・カルフォルニア州にあるディアブロ・キャニオン
 原子力発電所(PWR,加圧水型原子炉)。
 海沿いにある海水ポンプは水密化された建屋に収納され、
 電気モーターを空冷するための吸気口は、
 シュノーケルで高さ13.5mにまでかさ上げされている(p130)


福島原発で何が起こったか-政府事故調技術解説- (B&Tブックス)
淵上 正朗 笠原 直人 畑村 洋太郎
日刊工業新聞社
売り上げランキング: 14,677

【私の評価】★★★☆☆(72点)



■目次

はじめに 
第1章 概要と予備知識
第2章 事故の経過(政府事故調報告のわかりやすい説明)
第3章 事故はなぜ防げなかったのか
第4章 失敗学からの考察
第5章 事故をより深く理解するための基礎知識
あとがき 


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
50,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)