本のソムリエおすすめ本を紹介する書評サイトです
本ナビ > 書評一覧 >

「国境の島を発見した日本人の物語」藤岡信勝

本のソムリエ 2012/11/03メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

国境の島を発見した日本人の物語


【私の評価】★★★☆☆(71点)


要約と感想レビュー

 何かと騒がしい国境問題ですが、国境の島の歴史をまとめた一冊です。


 竹島
 樺太
 北方領土
 小笠原諸島
 南鳥島
 沖ノ鳥島
 尖閣諸島


 こうしてみると、いっぱいありますね。


・「領土問題は存在しない」外務省定義の危うさ・・・1992年、中国が領海法を制定して尖閣諸島の領有宣言をしたときも、日本は何も反論しなかった(p23)


 私にとって無知だったのは、小笠原諸島と南鳥島です。特に、南鳥島は海上自衛隊、気象庁、海上保安庁の職員が30人くらいが交代で駐在しています。


 そして、南鳥島は、明治時代にアメリカと領有権で争ったという事実。アメリカも日本人が住むやミッドウェー島を自国に編入しようとしていたこともあり、タイミングの良さと、先人の努力で日本の領土となっています。


・南鳥島が領土に編入された四年後・・明治35年(1902年)・・アメリカの実業家ローズ・ヒルという人物が、この島は我々のものであると、その領有権を主張してきたのである(p194)


 こうした領土の歴史は、基本として知っておく必要があるのでしょう。尖閣諸島のことも、いずれ歴史に記録されることになるのだと思います。藤岡さん、良い本をありがとうございました。



この本で私が共感した名言

・国際法には「無主地先占」という原則がある。「無主地先占」とは、どの国の領土にも属さない無主の土地を自国領とする際、その国が他国に先んじて、その土地を実効的に占有していなければならない(p199)


・「隣国によって一平方マイルの領土を奪われながら膺懲(ようちょう)の挙に出ない国は、その他の領土をも奪われてゆき、ついには領土を全く失って国家として存立することをやめてしまうであろう。(イェーリング『権利のための闘争』)(p262)


・文化三年(1806年)、フォストフら(ロシア)は樺太南岸になる日本人の番屋を次々と襲撃し、番人を捕え倉庫等を焼き払った。翌年には、択捉と国後の番屋や会所に砲撃・銃撃し、アイヌ人を含む日本人数名を射殺した。(p100)


▼引用は下記の書籍からです。

国境の島を発見した日本人の物語
藤岡信勝 自由主義史観研究会
祥伝社
売り上げランキング: 42199


【私の評価】★★★☆☆(71点)



楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
50,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
>>バックナンバー
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。

<< 前の記事 | 次の記事 >>

この記事が気に入ったらいいね!

この記事が気に入ったらシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: