「お客さまの記憶に残るお店のリピーターをつくる35のスイッチ」眞喜屋 実行

|

お客さまの記憶に残るお店のリピーターをつくる35のスイッチ (DO BOOKS)

【私の評価】★★★☆☆(73点)


■お店のリピーターを作るための
 ネタを集めた一冊。


 基本はブランドと同じで、
 特徴を持たせ、
 お客様に思い出してもらうということです。


 まずは「らしさ」を作るところから
 はじめましょう。


・「らしさ」を明確にするための質問
 ・あなたが商売をする上で、大切にしていることは何ですか?
 ・「これだけは絶対にやらない」と決めていることは(p62)


■あとは、時々お店を思い出してもらう。
 そのためには仕掛けが必要です。
 写真を撮ったり、カードをお渡しする。


 メルマガや、ニュースレターを
 定期的に発行。


 でも、本当に強いのは、
 個人的に友だちのように
 仲良くなることなのかもしれません。


・この宿では、正月に宿泊すると、
 宿のロビーからの景色を背景に、
 宿泊したお客様の写真を撮ってくれて、
 その写真をカレンダーに
 プリントしてくれるのだそうです(p146)


■リピーター作りというものは、
 総合的なものだと思います。


 あれもやる、これもやる。
 いろいろな手を打って
 固定客が増えていくのでしょう。
 私もメルマガ固定客を増やさなくては・・・。


 眞喜屋さん、
 良い本をありがとうございました。


━━━━━━━━━━━━━━━━━


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・数字や具体的な言葉で表せるもの・・・
 「イタリアの星付きレストランで修行してきたシェフ」
 「タイに200回以上行って腕を磨いているタイ式マッサージ師」
 「創業35年の理容店」
 「松阪牛しか販売しない焼肉店」(p51)


・「手間をかけてこだわったスープです」と言っても、
 漠然としていてよくわかりません。これを「30羽分の
 鶏の頭と脚を、6時間炊いて水位が半分くらいになるまで
 煮詰めたスープです
」と言えば・・・(p84)


・「○○しません」という宣言は、
 強い意思がなければできないものです。
 だからこそ、お客様にもインパクトがあり、
 その意思が伝わりやすくなります(p100)


・学校の卒業証書は、その学校にいた証、
 卒業した証です。では、お店でも、
 お店にいた証、体験した証を残せないでしょうか(p144)


お客さまの記憶に残るお店のリピーターをつくる35のスイッチ (DO BOOKS)
眞喜屋 実行
同文館出版
売り上げランキング: 5445

【私の評価】★★★☆☆(73点)



楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
50,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)