本のソムリエおすすめ本を紹介する書評サイトです
本ナビ > 書評一覧 >

「なぜ日本は破綻寸前なのに円高なのか」藤巻 健史

本のソムリエ 2012/02/04メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

なぜ日本は破綻寸前なのに円高なのか


【私の評価】★★☆☆☆(66点)


要約と感想レビュー

 ユーロはどうなるのか。人民元はどうなるのか。ドルはどうなるのか。為替の未来は、だれにもわかりません。もし分かるのなら、投資して儲ければ大金持ちになれるのです。しかし、分からないから、市場があり、人々が取引し、泣き笑いをしているわけです。


 今後、世界の為替相場はどう移り変わっていくのでしょうか。「伝説のトレーダー」と呼ばれる藤巻さんに聞いてみましょう。


この本で私が共感した名言

・日本では市場原理が働いていないため、円は変動相場制を採用しているように見せかけて、実は固定相場制だと思っています(p22)


・ユーロは、ユーロ圏内の国々において通貨を統一しているわけですから、実質的に固定相場制をとっていることになります・・・固定相場制に無理がある以上、問題は再燃し、遅かれ早かれ、ユーロは崩壊すると思います(p74)


・中国の人民元投資は・・・中国政府が為替統制を行っているので、預金預け入れはできますが、引き下ろすには限度があるのです。中国からの海外送金はできませんし、中国に行って現地で下ろそうと思っても、小額しか下ろせないのです(p79)


・為替は市場があまりに巨大すぎて、米国政府なぞが動かせるはずがありません。そんなの、市場で多少大きな金額を取引してみれば、すぐに実感できることなのです(p173)


・逮捕された米国人が、逮捕された時に、「投資が成功すると投資家と呼ばれ、失敗すると投機家と呼ばれる」とコメントしました。私は言い得て妙だと思いました(p194)


▼引用は下記の書籍からです。
なぜ日本は破綻寸前なのに円高なのか
藤巻 健史
幻冬舎
売り上げランキング: 47


【私の評価】★★☆☆☆(66点)



著者紹介

 藤巻 健史(ふじまき けんじ)・・・1950年生まれ。74年大学卒業後、三井信託銀行入行。85年モルガン銀行に入行。資金為替部長、東京支店長等を歴任し、銀行の自己売買取引で巨額の利益を上げ、「伝説のトレーダー」と呼ばれる。2000年退行後、(株)フジマキ・ジャパンを設立。


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
50,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
>>バックナンバー
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。


お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト

<< 前の記事 | 次の記事 >>

この記事が気に入ったらいいね!

この記事が気に入ったらシェアをお願いします

この著者の本 :


コメントする


同じカテゴリーの書籍: