「一瞬で「自分の夢」を実現する法」アンソニー・ロビンズ

|

一瞬で「自分の夢」を実現する法

【私の評価】★★★☆☆(79点)


■アメリカの講演家であり、サクセスコーチ
 として有名なアンソニー ロビンズさんの一冊。


 「決断」「信念」といった精神的なことを
 中心にまとめたものになっています。


 「決断」というものは、
 簡単なようで難しい。


 「決断」しても
 三日もたないという人が多いからこそ
 こうした本が読まれるのでしょう。


・「決断する」とは、
 「目標を達成することに全力を注ぎ、
  それ以外の可能性はすべて切り捨てること
」(p45)


■人間の行動は、結局、
 本能によって決まるのです。


 つまり、
 楽しければやるし、
 苦しければやらない。


 したがって、
 短期で苦しくても
 長期で楽しいことをするためには、
 それを理解しなくてはいけない。


 本当に分かれば
 行動を変えることになる。


 何が楽しいかを決めるのが、
 「信念
」ということです。


・「信念」とは、何が苦痛をもたらし、
 何が快感をもたらすかを判断するためにある(p72)


■アメリカのコーチも
 精神的なことを強調しているんだな~と
 感じました。


 しかし、
 一回の面談に30万円も請求するらしいので、
 自分を変える!と信念を持った人しか
 集まらないのかも。


 うまくいく確率は
 高そうです。


・面談の前には必ず、「今ここで変わる固い決意のない人には、
 何もしてあげられない」と宣言した。一回の面談で
 三千ドルの料金を徴収したのは、一回の面談だけで変わろうという
 決意のない人に無駄な投資をさせたくなかったからだ(p115)


■第一章での全体の説明では、
 
・ひやかし半分の人は本書の厚さに
 尻込みして手を出さないだろう(p25)

 とあり、違和感を感じていましたが、
 原書は、本書の4倍はあるとのこと。


 違和感の意味がわかりました。
 日本では難しいのかもしれませんが、
 全訳を読みたいものです。


 ロビンズさん、
 よい本をありがとうございました。


━━━━━━━━━━━━━━━━━


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・持てる資質のすべてを「一つの分野」に集中させることで、
 どれほど巨大な力を操れるかを知る人は少ない(p22)


・自分にすべき重要な質問はこれだ。
 「これからの十年をどう過ごしていくか
  十年後の自分のために、今日何をすべきか」(p36)


・私が講演家として認められているのは、
 週に一回ではなく、チャンスがあれば一日に三回でも
 講演してきたからだ。(p52)


・"自分に元気を与えてくれる信念"を選べ(p79)


・もっとも重要な信念とは、
 「成功して幸福になるには、
  常に人生の質を高め、成長し続けることだ

 というものである(p90)


・成功した時のご褒美は何にするか。
 禁煙一周年を待つ必要はない。
 一日続いただけでも、自分にご褒美をあげよう。(p124)


・褒美は常に思いがけないものでなければならない。(p127)


口グセが運命を変える(p171)


・怠け者なんていうことはありませんよ。
 目標がつまらないだけですよ。(p241)


一瞬で「自分の夢」を実現する法
アンソニー ロビンズ
三笠書房
売り上げランキング: 4519

【私の評価】★★★☆☆(79点)



楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
50,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)