本のソムリエおすすめ本を紹介する書評サイトです
本ナビ > 書評一覧 >

「人生を変えた贈り物 あなたを「決断の人」にする11のレッスン」アンソニー・ロビンズ

本のソムリエ 2005/09/21メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加


【私の評価】★★★★☆(88点)


要約と感想レビュー

●この本はもともと、感謝祭のときに、
 恵まれない家庭に食料と一緒に
 プレゼントするために書かれたものだそうです。

 
 中身はいわゆる成功法則が
 一通り網羅されています。


 恵まれない家庭には
 最高のプレゼントでしょう。


・問題は昨日どうだったかではなく、今この時に何をするかだ。それなのにバックミラーを見ながら未来へ向かって車を走らせる人が多すぎる。(p36)


●驚きなのは、「ユダヤ人大富豪の教え」の本田健さんが、
 この本に影響されて「幸せな小金持ちへの8つのステップ」
 という小冊子を100万部もプレゼントしたということです。


 自分は人に何を与えられるか?
 これがアンソニー・ロビンズの成功法則の
 根本にあるようです。


・わたしの秘密は、・・・つねに、どうすれば人々の生活に価値あるものを加えられるか、と自問し続けた・・・実際に人に何かを与えられるようになるためには、まず自分がすぐれた人物なならなければならない(p27)


●内容は、普通の成功法則と変わりません。


 しかし、多くの人に影響を
 与えてきたという実績が説得力を増しています。


・パーソナル・パワーとは、決してあきらめずに行動を続ける能力のことだ。何かの行動を起こせば、そこには必ず学ぶものがある。そこから道が開け、次にはもっとうまくできるようになる。(p39)


●実績と内容の充実度から
 ★4つとしました。


この本で私が共感した名言

・成功する人は例外なく、つねに全力を傾けて、少しでもよくなろうとしている・・・つねにもう一歩上を求めていく。「継続的な、終わることのない改善」という哲学(p132)


・何度でも立ち上がってくる人たちがいる。なぜそんなことができるのだろう。それは、彼らには闘うに値するだけの未来があるからだ。行動を起こさずにいられないほどの未来が(p134)


・私は、何か目標を設定したときには、すぐにそれを支える行動をすることにしている・・W・ミッチェルは、世界に貢献すると決めたその日から、会う人ごとに微笑むようにした(p142)


・今のあなたより辛い立場にいる人を探し、その人の状況が今よりも"ほんの少し"だけよくなるように手助けしてください。(p150)



【私の評価】★★★★☆(88点)



著者紹介

 アンソニー・ロビンズ・・・米国のサクセス・コーチ。1960年生まれ。貧困な家庭環境のため大学進学を断念。アルバイトをしながら17歳からの2年間で700冊の成功哲学や心理学の本を読破し独自のスタイルのライブ・セミナーを展開。24歳で億万長者となる。


読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
42,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
>>バックナンバー
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト発行者の日記

<< 前の記事 | 次の記事 >>

この記事が気に入ったらいいね!

この記事が気に入ったらシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: