本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「フォーカス―市場支配の絶対条件」アル リース

(2011年8月23日)|本のソムリエ
このエントリーをはてなブックマークに追加

フォーカス―市場支配の絶対条件

【私の評価】★★★★☆(83点)


■著者が指摘するように、
 企業は多角化に走りがちです。


 まったく異なった業態の企業を買収したり、
 製品ラインナップを増やしたりするのです。


 これは自分の代で成果を出したいという
 経営者への
 強い誘惑なのでしょう。


・88年から94年までの六年間に、
 バド・ライトは500万樽売れた。
 だがその間、バドワイザーは700万樽失ったのである。・・・
 ラインを拡大すればブランドの勢いが
 失われるのはたしかである。(p22)


■多角化の結果得られるのは、
 新製品の売り上げですが、
 本体のほうが不調となるケースが多いようです。


 多角化することで、
 仕事を知らない人が幹部になってしまう、
 管理のための管理が増えてしまう
 企業イメージが希薄化してしまうのです。


・ものをいうのは、品質ではない、
 品質イメージである・・・
 品質イメージをよくするには、
 専門化すること(p115)


■企業にとって事業をフォーカスする、
 製品をフォーカスするというのは、
 縮小戦略のように見えますが、
 実は強化戦略なのかもしれません。


 フォーカスすることによって、
 企業は強くなるのです。  

 
 翻訳がめちゃくちゃでしたが、
 内容で評価しました。


 リースさん、
 良い本をありがとうございました。


━━━━━━━━━━━━━━━━━


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・だれを昇進させるかというときに、
 トップが犯す二つのまちがいがある。
 「成績」で昇進させることと、
 「人格」で昇進させること、
 である。どちらも、うまくいかない。
 ・・・部下たちに彼らの問題をいちばんうまく
 リードする人間はだれか、聞くことである。(p94)


・フォーカスのない企業の大きなマイナスは・・・
 マネジメントの対象を増やさなければならないことである・・・
 スタッフがしょっちゅう数多くの情報を要求する。
 これがまたばかにならない時間の無駄になる(p96)


・全体をねらうな、部分をねらえ(p149)


・スピンオフした部門は、たいてい儲かる企業になる・・・
 1幹部たちがそのビジネスをよく知っている、
 2成功への絶大な動機がある
 3フォーカスがはっきりしている。(p201)


・売上の90%が、繰り返しやってくる
 10%のお得意様であげられている(p64)


・世界最大のスナック会社フリト・レイのほか、
 全米最大のファースト・フードのチェーン七社のうち
 三社までがペプシのものである。・・・
 ピザ・ハット・・・タコ・ベル・・・KFC・・・
 ペプシの評価額は440億ドル、小さいほうの
 コカコーラは930億ドルである。(p90)


フォーカス―市場支配の絶対条件
アル リース
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 350007

【私の評価】★★★★☆(83点)


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
50,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト


この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: