本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「日本への遺書」田形 竹尾

2011/06/13本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

日本への遺書―生き残り特攻隊員が綴る慟哭の書

【私の評価】★★★☆☆(72点)


■大正生まれ。陸軍でパイロットとして
 日中戦争、太平洋戦争を経験した
 田形さんの一冊です。


 田形さんが言いたかったのは、
 日本のために死んでいった
 たくさんの仲間が
 いたということです。


・眞土原軍曹に、「おい!命令が出たぞ。俺と死ぬか・・」
 「はい!死にます!」と笑いながら、眞土原軍曹が答えた・・・
 二十対一の空中戦で生還した戦例は、陸軍航空戦史にはない。
 しかし、祖国防衛という使命の前には全く心の動揺はない。(p133)


■私は、特攻隊については、 
 戦術として合理性を認めませんが、 
 何もない状況では、
 それしか方法がなかった、
 効果が小さくても自分たちにできるのは
 それしかなかったのかもしれません。


 体育館で寝泊りして弁当を食べて
 命をかけて文句もいわず作業している
 福島第一の作業員と重なりました。


・私たちは、特攻隊として、喜んで死んでゆきます。
 生き残った青年が、立派な、世界から尊敬される、日本を
 建設してくれると、信じています」・・・
 戦後五十一年、生き残った私は、尊い殉国の英霊に、
 立派な「日本を再建しました」と、
 自信をもって報告できるであろうか(p157)


■日本は信義を重んじる国なのだと
 思います。


 負けると思っても、
 経済封鎖されれば、
 戦いを選ぶ。


 実効性がないとしても、
 京都議定書を批准し、
 約束だから排出権に数千億円を出す。


 命をかけて信義を守るのが
 それが日本人であり、
 先輩たちがつくり上げた
 国家なのでしょう。


・「支那事変」「大東亜戦争」において、
 米軍の日本本土爆撃の「無差別攻撃命令」と同じ
 非人道的な攻撃命令を受けたことは一回もない。(p33)


■私たちも日本人として
 自分のできる範囲で、
 日本を作っていかなくては
 ならないのだなと感じました。


 田形さん
 良い本をありがとうございました。


━━━━━━━━━━━━━━━━━


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・航空の特性上、操縦者の生命の保障はない。
 平時で三割、戦時で八割と、高い死亡率である。
 だから命令ではなく、操縦者は全員、志願制(p25)


・朝鮮人は、志願しなければ、軍人にも
 特攻隊にもならなくてよいのに、どうして志願したのだ」
 「教官殿。私も日本人です。
 また、愛する朝鮮を守るために、志願したのです」(p83)


・「東京裁判」で断罪されたような「残酷」な事件があれば、
 南京市民があのように私たちに協力し、温かく接して
 くれなかったろう。治安も保たれて、一人で外出しても
 何の危険も感じなかった。(p36)


・「支那事変」「大東亜戦争」当時、
 アジアで完全な独立国
 日本とタイの二ヶ国であった。(p94)


・「日タイ同盟」・・・この同盟は、戦況が不利となり、
 日本の無条件降伏まで続いた。特に、軍人の祖国帰還に
 対しても積極的に協力し、「信義」を貫いたタイ国とタイ人
 への感謝を、日本人は忘れてはならないと思う。(p103)


・日本が、国家の命運を賭けて戦った大東亜戦争によって、
 長い間苦しんだ植民地から開放され、
 アジアにたくさんの独立国家が生まれた。
 しかし、お母さんの日本は、難産のため、
 危く死にそうになった。
 日本は、身を捨てて仁をなしたのである。 
 日本が悲壮な覚悟で解放戦を開始した、
 十二月八日を忘れてはならない
 (タイ国元首相クリリット・フラモード氏)(p104)


・ただ、今願うは空母撃沈のみ。
 お父さん、さようなら。
 お母さん、さようなら。
 お母さんの写真を抱いて、喜んで死にます。
 御安心ください。それでは、辻家皆様の
 ご健勝とご幸福を祈って、われ出撃す。(p185)


日本への遺書―生き残り特攻隊員が綴る慟哭の書
田形 竹尾
日新報道
売り上げランキング: 97919

【私の評価】★★★☆☆(72点)



楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
50,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
>>バックナンバー
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト

この記事が気に入ったらいいね!

この記事が気に入ったらシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: