本のソムリエおすすめ本を紹介する書評サイトです
本ナビ > 書評一覧 >

「特攻基地知覧」高木 俊朗

本のソムリエ 2009/05/13メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加


【私の評価】★★★☆☆(70点)


■鹿児島県南九州市の知覧町に、
 知覧特攻平和会館があります。


 戦時中、知覧に陸軍の飛行場があり、
 ここから陸軍の特別攻撃隊が
 出撃していったのです。


■この本では、取材により
 特攻基地知覧の雰囲気を伝えてくれます。


 特攻はすべて志願兵という説もありますが、
 実際には行かざるをえないといった状況だった
 ようです。


・桜咲く故国をあとに我はいま沖縄の海に清く散り行く(p25)


■また、「生きて虜囚の辱めを受けず」
 といった言葉があるように、
 成果よりも、死ぬことが目的化されていた
 雰囲気も伝わってきます。


 特攻により優秀な兵士が損耗すること、
 現状の爆弾で艦船を沈没させることが
 難しいとの実験結果があったこと、などを
 考え合わせると、
 軍部が頑張っていることをPRするのが
 目的だったのではないかとさえ思えてきます。


・倉沢参謀がきては、おうへいな態度で、ののしった。「死ねないようないくじなしは、特攻隊のつらよごしだ。国賊だ。」・・・このような冷遇と恥辱を与えられるのも、ただ単に、特攻隊員が生きて帰ってきた、というだけなのだ。(p148)


■私は、こうした特攻攻撃という 
 不合理が実行されていった当時の日本を
 簡単に非難できないと思います。


 京都議定書にしろ、国債発行にしろ、
 現在も同じことが続いている。
 私は、そう思います。


 本の評価としては★3つとしました。


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・隊員には割りきれない思いが残っていた。それは、体当たりをする必要があるか、ということだった。爆弾さえ命中させればよいはずだ。(p37)


・実験の結果では、陸軍の爆弾では、艦船を沈めることはできないことが証明された。これに対し、三航研は、公文書で反論を送ってきた。『飛行機が爆弾をつけて体当りをすれば、艦船も撃沈できる。今、必要なのは、爆弾の改良よりも、体当り攻撃を実施することだ』というのだ(p322)


▼引用は、この本からです。


【私の評価】★★★☆☆(70点)



■著者紹介・・・高木 俊朗(たかぎ としろう)


 1908年生まれ。大学卒業後、松竹入社。戦争中、陸軍報道班員として中国大陸からビルマを回り、鹿児島の知覧飛行場に入る。そうした従軍体験をもとに、戦後ノンフィクションを書き始める。


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキング
に投票する

人気ブログランキングへにほんブログ村 本ブログへ


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
35,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
>>バックナンバー
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト一日一冊:今日の名言

<< 前の記事 | 次の記事 >>

この記事が気に入ったらいいね!

この記事が気に入ったらシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: