本のソムリエおすすめ本を紹介する書評サイトです
本ナビ > 書評一覧 >

「「成功」と「失敗」の法則」稲盛和夫

本のソムリエ 2011/03/14メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

「成功」と「失敗」の法則


【私の評価】★★★☆☆(70点)


要約と感想レビュー

■倒産したJALの復活に
 努力する稲盛さんの一冊です。


 稲盛さんの人生観としては、
 人生とは成功失敗の繰り返し。


 成功さえ、神の試練である、
 とし達観しています。


・成功した結果、地位に驕り、名声に酔い、財に溺れ、努力を怠るようになっていくのか、それとも成功を糧に、さらに気高い目標を掲げ、謙虚に努力を重ねていくのか・・・天は成功という「試練」を人に与えることによって、その人を試しているのです(p12)


■稲盛さんくらいになると、
 成功するのが当たり前。


 しかし、その当たり前のときに、
 常に反省し、成長できるのか。


 そこがまた、
 人間のレベルの差となるのでしょう。


 稲盛さん、
 よい本をありがとうございました。


この本で私が共感した名言

・もちろん、あの世には地獄も極楽もある。もっとも、お前が思っているほどの違いはない。外見上は地獄と極楽はまったく同じだ。違っているのは、そこに住んでいる人の心だけなんだよ。地獄には自分のことしか考えない利己的な人が住んでおり、極楽には思いやりにあふれた利他の心を持っている人が住んでいる(p17)


・優れた能力を持った人たちをしても逡巡してしまうような困難なプロジェクトを、純粋な「思い」を持ち、強く実現を願い続けている人がためらいもなく進める。周囲はいかに難しいかを知っているので、「いまに失敗するだろう」と見ていると、意外なことに難なく成功させてしまう。(p49)


・西郷隆盛は、成功するためにも、さらにはその成功を持続するためにも、常に謙虚でなければならにと説いています(p72)


「成功」と「失敗」の法則
稲盛 和夫
致知出版社
売り上げランキング: 2702


【私の評価】★★★☆☆(70点)



著者紹介

 稲盛 和夫(いなもり かずお)・・・1932年生まれ。鹿児島大学工学部卒業。1959年京都セラミックス(現京セラ)を設立。66年社長。1985年会長。1984年に第二電電(現KDDI)を設立。1987年セルラー電話会社を設立し、会長に就任。京セラ名誉会長。


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
50,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
>>バックナンバー
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト

<< 前の記事 | 次の記事 >>

この記事が気に入ったらいいね!

この記事が気に入ったらシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: