本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「患者と家族を支える認知症の本」長谷川 嘉哉

2011/02/15本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

患者と家族を支える認知症の本


【私の評価】★★★★☆(85点)


内容と感想

■だれでもそうですが、
 時間とともに老化していきます。


 ある人は病気になり、
 ある人は健康に過ごしていきます。


 そして、認知症は、
 病気をしなかった人がかかる
 最後の病気なのです。


 認知症患者は300万人だそうですので、
 日本人の30人に一人
 だれでもかかる病気といえるでしょう。


・電話中に突然お母さんから、「あんた誰だっけ?」と言われたというのです。(p8)


■認知症の症状として、
 「お金を盗まれた」
 「あなたは妻に似ていますが、誰ですか」
 なんて突然言われたら、驚くでしょう。


 ショックだし、悲しいことですが、
 この本を読んで事前の準備があれば、
 慌てることはないでしょう。


・葛藤型・・・自己主張が強い・・・
 回帰型・・・「帰りたい過去を持った幸せな認知症」
 遊離型・・・集団から完全に遊離(p24)


■著者の温かい気持ちが伝わってきて、
 自分も認知症に対して
 温かい気持ちで対処できるような
 勇気がわいてきました。


 お年寄りが近くにいる人は必読です。
 長谷川さん、
 良い本をありがとうございました。


この本で私が共感した名言

・家族が協力し合う姿、認知症のおじいさんやおばあさんを心配する姿を子どもたちに見せることも、価値あることだと感じています・・・人間の最後の務めは「残った人間に自分の死を見せること」ではないかとも思うのです(p55)


・脳リハビリ・・・
 1 指の運動
 2 音読・計算
 3 人とのコミュニケーション(p35)


・軽い負荷の有酸素運動・・・心理的改善にとてもいいのです(p36)


・あらかじめ成年後見人を付けておけば、たとえ悪徳業者に騙されても、比較的簡単に業者からお金を返してもらえます(p45)


・私の父・・・定年後、"ある決意"をして、70歳を越えた現在も、とても元気に過ごしております。その"ある決意"とは・・・「誘いを受けたら断らない」(p83)


患者と家族を支える認知症の本
長谷川 嘉哉
学研メディカル秀潤社
売り上げランキング: 54467


【私の評価】★★★★☆(85点)



著者紹介

 長谷川 嘉哉(はせがわ よしや)・・・1966年、名古屋市生まれ。名古屋市立大学医学部卒業。認知症専門医、医学博士、日本神経学会専門医、日本内科学会総合内科専門医、日本老年病学会専門医。2000年、土岐内科クリニック開業。在宅医療では開業以来、50,000件以上の訪問診療、500人以上の在宅看取りを実践している。現在、医療法人ブレイングループ理事長として、在宅生活を医療・介護・福祉のあらゆる分野で支えるサービスを展開している。


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
50,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
>>バックナンバー
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト

この記事が気に入ったらいいね!

この記事が気に入ったらシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: