「営業と詐欺のあいだ」坂口 孝則

|

営業と詐欺のあいだ (幻冬舎新書)

【私の評価】★★★★☆(88点)


■企業において購買を担当する著者が、
 営業テクニックと悪徳商法のテクニックを
 教えてくれる一冊です。


 正反対のような二つですが、
 本質的に似たようなものになり、
 そこに面白さがあるのでしょう。


・購買を促進させるテクニックも三つあります。
 1 とにかく相手のためを思っているということを演出する
 2 それによって、できるだけ商品を手に取らせる
 3 手に取らせることによって、商談を長引かせる(p26)


■やはり面白いのは、悪徳商法のテクニックです。


 質問を繰り返す(結論を先に言え!)
 メリットを強調する(じゃあお前が買えよ!)
 今買わないと損をするという(損していいよ!)


 よく自宅に電話がかかってきますが、
 何を売りたいのか言わずに、
 「インターネットお使いですか?」とか
 質問を繰り返す会社は多いですね。
 (マニュアルがそうなっているのでしょう)


・悪質商法の買わせるテクニックの中で最も有効なのは、
 「なぜ買わないのですか?」とひたすら
 訊くこと
だと言います。(p141)


■営業マンには営業のテクニックが、
 普通の人には悪徳商法につかまらない秘訣が
 参考となる一冊だと思います。


 でも悪用しないでください。
 坂口さん、良い本をありがとうございました。


━━━━━━━━━━━


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・すぐれたセールスマンがお客に伝えることは、たったの三つです。
 1 「メリット」・・・
 2 「信頼」・・・
 3 「価格」・・・(p21)


・人を褒めるテクニック・・・
 1 正面から褒めるのではなく、他者からの伝聞として褒める
 2 相手の自尊心を理解する
 3 相手の言ったことを覚えておく(p84)


・三流のセールスマンは、とにかく自社製品を詳しく語ります。
 ・・・一流のセールスマンは必ず買い手のメリットを
 いやになるほど強調してくれます
。(p30)


成功法則を売っている成功者は、
 成功法則を売ることによって成功している

 という事実を忘れないほうがよいでしょう。(p106)


・善人として生きることは多くの場合、
 その人のまわりに幸福を呼び寄せます。
 そして、詐欺師たちもしのび寄ります。(p126)


・非礼には非礼で返すしかない、ということも
 覚えておきましょう。あまりに失礼な売り手がいたら、
 「警察を呼びますよ」ではなく、本当に呼んでしまってください(p196)


営業と詐欺のあいだ (幻冬舎新書)
坂口 孝則
幻冬舎
売り上げランキング: 783
おすすめ度の平均: 3.5
5 一流の町医者がセールスという病についてよく分析しました、みたいな本
4 詐欺師の方が営業がうまい
2 モラルは
4 高い買い物をして後悔したことのある人におすすめ。
3 事例重視の悪徳商法研究

【私の評価】★★★★☆(88点)



楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
40,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)