本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「ラティーノ・ラティーノ!―南米取材放浪記」垣根 涼介

(2009年8月 5日)|本のソムリエ
このエントリーをはてなブックマークに追加

ラティーノ・ラティーノ!―南米取材放浪記 (幻冬舎文庫)


【私の評価】★★★☆☆(74点)


■気鋭の小説家による南米放浪記です。
 ブラジルとコロンビアを回っています。


 日本と正反対の地にある
 ブラジル・コロンビアは、
 日本人とまったくちがう
 人たちが住んでいるようです。


 明るく、人なつっこく、そして、いいかげん。
 これをラテン気質と言うのでしょうか。


■わたしの友人にもブラジル留学した人がいますが、
 ブラジルから離れられなくなる日本人留学生が、
 多いそうです。


 開けっぴろげで、スタイルが良いこの国の女性に
 引っかかってしまう人が多いのです。


・現地の日系人に言わせると、このカリという街は、よほど厳しく自分を律しない限り、金を持つ者にとっては、とめどもなく堕ちてゆける場所なのだという売春宿、カジノ、宝くじ、ディスコティカ・・・(p32)


■わたしも、死ぬ前には一度
 南米を見てきたい、
 日本と全くちがう文化を持った国々を
 歩いてみたい、そう思わせてくれる一冊でした。


 本の評価としては、★3つとします。


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・このコロンビアという国は、社会法規の上に成り立ったシステムで動いているのではなく、しょせんは個人のネットワークのつながりで動いている国なのだという(p53)


・だいたい日本人は、あまりにも気安く現地人にカネやモノを与えすぎだ。そうすることにより、その場限りのトラブルを避けようとするさもしい魂胆が見え見えなのだ。(p96)


▼引用は、この本からです。 


【私の評価】★★★☆☆(74点)



■著者紹介・・・垣根 涼介(かきね りょうすけ)


 1966年生まれ。2000年「午前三時のルースター」でサントリーミステリー大賞。2004年「ワイルド・ソウル」で大藪春彦賞など受賞。2005年「君たちに明日はない」で山本周五郎賞受賞。


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

いつも応援ありがとうございます
人気ブログランキング
に投票する

人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
44,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト一日一冊:今日の名言


この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: