「頭のいい子のパパが話していること」清水 克彦

| コメント(0) |

頭のいい子のパパが「話していること」 (PHP文庫)

【私の評価】★★★☆☆(79点)


■子育てをしていると
 あっという間に子どもは大きくなっていきます。


 気がつくと、もう中学校で、
 「パパ、きもい」などと言われるようになって
 しまうこともあるでしょう。


■父親は、昼間は会社で仕事をしていますので、
 どうしても子どもとの時間は少なくなります。


 その短い時間のなかで
 いかにコミュニケーションしていくかについて、
 この本が教えてくれます。


■基本的には、父親から声をかける、
 一緒に調べる、褒める・・・これらが基本のようです。


 そして、最後は、
 「叱る時に叱る」
 ですね。


  ・「今すぐやりなさい」
   と言ってガツンと叱ろう(p100)


■子どもが小さい方なら読んでいただいて、
 いくつかの気づきのある本だと思います。


 本の評価としては、★3つとしました。

─────────────────

■この本で私が共感したところは次のとおりです。


  ・「なぜ?」には「一緒に調べてみるか」で返そう(p42)


  ・男の子には「面白いね」、
   女の子には「かわいいね」と言おう(p53)


  ・一日数時間もゲームに興じていると子どもにとって
   プラスにならない。・・・父親がこんなふうに言ってみよう。
   「○○ちゃん、最近、顔つきが変になったよ。少しゲームの
   やりすぎなんじゃない?」(p153)


▼引用は、この本からです。

頭のいい子のパパが「話していること」 (PHP文庫)
清水 克彦
PHP研究所
売り上げランキング: 1818

【私の評価】★★★☆☆(79点)


■著者紹介・・・清水 克彦(しみず かつひこ)

 1962年生まれ。文化放送で記者、ラジオキャスター、
 番組プロデューサーなどを歴任。
 現在は、番組統括。江戸川大学非常勤講師。

─────────────────

■関連書評■
a. 「おかあさまのためのコーチング」あべまさい
【私の評価】★★★★☆

b. 「人生、勝負は40歳から!」清水 克彦
【私の評価】★★★☆☆


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
42,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)