人生を変えるような良い本の要約を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「部下のやる気が見えないとき読む本」菊入 みゆき

2008/12/28本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

イラストでわかる 部下のやる気が見えないとき読む本 (「イラストでわかる」シリーズ)

【私の評価】★★★★☆(86点)


■コーチングでは人を4種類に分類して、
 人に応じた対応を考えます。

 人の性格は人それぞれですから、
 すべての人にまったく同じ対応をすることは
 おかしいわけです。


  ・自分と似たスタイルの部下は、どこをどう刺激すると
   やる気になるのかが、わかりやすいですね。・・・
   ただ、似た・・・人の組み合わせは、共倒れになる可能性
   もあるので注意してください。(p89)


■この本では、部下を観察して、
 部下のスタイルの仮説を立て、
 対応を考える練習ができます。

 「まず、一人から考えよう!」というところは、
 本質をわかっているな・・・と感心しました。


  ・1人にしぼって考えよう→1人を考えることは大勢を考えること
   ・・・仮説から出発しよう・・・(p186)


■この本の良いところは、
 部下を育てる手法として、
 感動ミーティングや、勉強ノートなどの
 他社でうまくいっている例が入っていることです。

 「まんが」付きで分かりやすく、
 学ぶことができますので、★4つとしました。


─────────────────

■この本で私が共感したところは次のとおりです。


  ・ある生命保険会社の営業所長さんは、毎週、独自の
   営業ミーティングを行っています。・・・
   「それでは、今日も、今週の感動した話、
   心に残った話を皆でしていきましょう」(p153)


  ・遠くにいるように見える社員、なんだかわかりにくいなと
   心理的な距離を感じる社員こそ、指導やケアが必要です。
   (p167)


  ・部下と一緒にお客様のところに同行し、話を聞いてみる・・・
   そうすれば道中で、部下とのミーティングもでき、
   「人間関係」をつくることもできます。(p142)


  ・あなたは、部下に自己開示をしていますか?
   例えば、部下が何を考えているかわからずに悩んでいる、
   ということを、部下に伝えていますか?(p180)


▼引用は、この本からです。

イラストでわかる 部下のやる気が見えないとき読む本 (「イラストでわかる」シリーズ)
菊入 みゆき
東洋経済新報社
売り上げランキング: 652167
おすすめ度の平均: 4.0
4 イラスト入りでわかりやすい

【私の評価】★★★★☆(86点)


■著者紹介・・・菊入 みゆき(きくいり みゆき)

 1960年生まれ。83年パルコ入社、直営店の企画・運営。
 92年品川女子学院で英語教諭。
 93年JTBモチベーションズ入社。

─────────────────

■関連書評■
a. 「9タイプ・コーチング」安村 明史
【私の評価】★★★☆☆

b. 「もしもウサギにコーチがいたら」 伊藤 守
【私の評価】★★★☆☆


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
42,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
>>バックナンバー
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト

この記事が気に入ったらいいね!

この記事が気に入ったらシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: