「しあわせになるドーナツの秘密」ボード・シェーファー

|

しあわせになるドーナツの秘密―大切にしたい7つのこと
【私の評価】★★★★☆(84点)


■アメリカに留学したドイツの女の子が、
 友達との出会い、冒険、そしてスピーチコンテストを通して、
 人生成功の秘訣を学んでいく物語です。

 マネーという犬が言葉を話したり、
 ゴールドさんというお金持ちが知り合いだったりして
 物語としてはかなり不自然です。


■しかし、そうした不自然さを割り引いても
 感謝の心、人に親切にする、自分で選択するなど
 この物語が教えてくれる内容はなかなかのものです。

 たとえば、大切なことをカードに書いておいて、
 持ち歩き、一つひとつ自分のものにするという
 アイディアもいいですね。


  ・他人の悪口を言っちゃいけない・・・
   いいもの、美しいものに目をむけてこそ、
   きみのまわりの世界はもっともっとすばらしくなる。(p32)


■タイトルの「ドーナツの秘密」とは、
 ドーナツという物の真ん中にある空間には
 何もないように見えますが、この何も見えない
 ものこそが大切なんだよ、という教えです。

 つまり、物、お金も大切だけれども、
 人格や人間性も大切だよ、ということです。


  ・「本質的なものって、いったいなんですか」
   「それは、お金では買えないもの。それがないと、
    人が幸せになれないもの。つまり、人の性格・・・
    ものごとに対する姿勢といってもいいわ。(p40)


■物語形式で、読みやすい一冊になっています。

 また、内容も「使命」から「お金」まで
 バランスよく入っていましたので、
 本の評価としては★4つとしました。

─────────────────

■この本で私が共感したところは次のとおりです。


  ・あなたが自分にしか果たせない使命を見つけたら、
   あなたは自分の白い石を発見したことになるわ。
   その石にこそ、あなたの新しい名前、
   つまりほんとうの幸せのシンボルがきざまれているのよ(p47)


  ・「朝から晩までなにも学ばなかった日は、
    わたしにとってマイナスの一日だ。
    あるミュージシャンの言葉だけどね(p212)


  ・千ドルだ!これはすごい大金だ!・・・五十パーセントの
   五百ドルは銀行口座に入れる。そのお金は、いつの日か
   利息で生活できるようになるまで、手をつけずにふやし
   つづける分だ。四十パーセントは夢貯金箱に入れ、残りの
   十パーセントの百ドルは自由に使う。(p233)


▼引用は、この本からです。

しあわせになるドーナツの秘密―大切にしたい7つのこと
ボード シェーファー
求龍堂
売り上げランキング: 206320
おすすめ度の平均: 5.0
5 喜んで星5つ・・
5 前著がお金、今回は人間性がテーマ
4 それなりに良い本でした
5 お金持ちの先にある本当のしあわせとは?
5 とても優しく、奥の深い話

【私の評価】★★★★☆(84点)


■著者紹介・・・ボード・シェーファー

 1960年ドイツ生まれ。16歳でアメリカに渡る。
 20代で事業に失敗。その後、事業、お金、人格において 
 成功し、講演や執筆活動を行う。

─────────────────

■関連書評■
a. 「「福」に憑かれた男」喜多川 泰
【私の評価】★★★★★

b. 「物語の主人公になる方法」パトリス・ジュリアン
【私の評価】★★★☆☆


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
45,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)