本のソムリエおすすめ本を紹介する書評サイトです
本ナビ > 書評一覧 >

「道をてらす光―私が学んだ人と言葉」日野原 重明

本のソムリエ 2007/07/28メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

道をてらす光―私が学んだ人と言葉


【私の評価】★★★☆☆(78点)


要約と感想レビュー

 100歳でも現役のお医者さん、日野原さんが学んだコトバです。


 凡人でも習慣を変えることで、すごいことができるということ。人生は長いので、いつでもチャンスがあるということを教えてくれます。


 良い本をありがとうございました。


この本で私が共感した名言

・人生の幸福は、困難に出会うことが少ないとか、全くないかということになるのではなくて、むしろあらゆる困難と戦って輝かしい勝利をおさめることにある(カール・ヒルティ)(p6)


・それが可能なら運命を変える、それが不可能なら進んで運命を引き受ける、そのどちらかなのです(ヴィクトール・E・フランクル)(p20)


・よき習慣は善である(カント)(p46)


・私たちは習慣を変えることにより、自分という生き物の生きかたを上手に具現でき、自分の運命をデザインすることができる(p48)


・たとえ年をとっても老人になっても、自分の生き方を見出せる人は幸いである(フォルケ・ヘンシェン)(p119)


・老年は食物として知恵を必要とするということを理解したら、そういう老年に栄養不足にならぬよう、若いうちに努力せよ(レオナルド・ダ・ヴィンチ)(p134)


道をてらす光―私が学んだ人と言葉
日野原 重明
春秋社
売り上げランキング: 386611


【私の評価】★★★☆☆(78点)



著者紹介

 日野原 重明・・・1911年生まれ。1941年聖路加国際病院の内科医となり、内科医長、院長を経て、現在、理事長、名誉院長。予防医学、終末期医療の普及に尽力する。


楽天ポイントを集めている方はこちら




読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへにほんブログ村 本ブログへ


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
50,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
>>バックナンバー
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。
<< 前の記事 | 次の記事 >>

この記事が気に入ったらいいね!

この記事が気に入ったらシェアをお願いします

この著者の本 :


コメントする


同じカテゴリーの書籍: