本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「仕事の急所―あたらしい"Work"の教科書〈2〉」加納 光

(2007年7月27日)|本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

仕事の急所―あたらしい

【私の評価】★★★★☆(81点)


●仕事の急所というだけあって、
 ビジネスマンが経験によって獲得するであろう
 仕事のコツを教えてくれる一冊です。


 かなりレベルが高いので、目からウロコか、
 場合によっては真の意味を
 理解できないところがあるかもしれません。


●例えば、プロジェクトを推進させるリーダーの心得として、
 その活動を周囲に周知する大切さを説きながら、


 その方法として、上司、文書、ボードでの見える化だけでなく、
 周囲の人に仕事を頼んでしまうのが良いとしているところは、
 目からウロコでした。


・これからその仕事をそのように展開させていくかを、
 なるべく現場の全員に周知させるのです。・・
 上司との会話、社内文書、スケジュール・ボードなど・・・
 頼める仕事はなるべく頭を下げて頼んでみる・・・
 効果絶大なのです(p27)


●職場の人間関係から、
 時間管理、企画、営業までをカバーしていますが、
 はずしてはいけない原則をうまく説明していると思いました。


 例えば、面談については、
 だれに面談するかが重要なポイントですが、
 「目には目を」という原則を示しています。


・「目には目を」「部長には部長を」
「社長には社長を」対等だから商談できる。
 対等だからホンネが聞ける。(p125)


●また、相手先の情報をしっかり把握しておくことは、
 仕事の重要なポイントになります。


 営業マンとは、一種の諜報員(インテリジェンス・オフィサー)
 なのですから。


・スケジュール帳・・・待ち合わせ場所の電話番号と住所。
 交通手段、最寄りの駅。会う人と複数の場合は
 全員の名前と携帯番号、彼と同行する人の名前。
 さらには相手側の前任者の名前、こちら側の・・・
 すべての名刺の余白に「○月○日、場所○○、
 紹介○○氏、同行○○氏」(p59)


●職場の人間関係から、時間管理、
 企画、営業までをカバーしたため、
 焦点が絞りきれないところが残念でしたが、
 いくつも実務に応用できるコツが
 満載されているのは確かです。


 中堅クラスまでのビジネスマンに
 ぜひ応用していただきたいと思います。
 ★4つとしました。


─────────────────

■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・「支援者」に好かれることが
 「決裁者」をその気にさせる(p121)


・「経営感覚」とは・・・「収入も支払いも
 社員全員でワリカンになっている。
 その感覚を持つことです」(p153)


・企画の急所は「好き/嫌い」
 優れていても、正しくてもダメ。
 ニーズは「好き」から発生する(p70)


▼引用は、この本からです。

仕事の急所―あたらしい
加納 光
自由国民社
売り上げランキング: 316729
おすすめ度の平均: 4.5
3 マニュアル本では、ありません!
5 是非おススメしたい一冊
4 あぁ!!そういうことかっ!
5 仕事のできる人間になるための一冊
5 仕事の抑えどころが書いてあります

【私の評価】★★★★☆(81点)


■著者紹介・・・加納 光(かのう ひかる)

 1981年、西武百貨店に入社。販売促進部。
 1987年、コンサルタント伊吹卓の手法により成果をあげる。
 1998年、コンサルタントとして独立。
 2001年、伊吹卓の「商売道伊吹流」で商品開発、人材育成を担当。
 2003年、「商売道伊吹流」免許相伝。「師範代」となる。


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
42,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト発行者の日記

この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: