本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「人生百年私の工夫」日野原重明

2004/06/29本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

人生百年私の工夫 (幻冬舎文庫)


【私の評価】★★★★☆(89点)


内容と感想

 「年寄りのシワとシワの間には、理屈ではない宝石のような"経験"がはさまっている」と言われますが、90歳現役医師日野原さんの経験にもとづく知恵はたいしたものです。


 六十歳以上のかたを対象にした本ですが、しっかり人生の成功法則が入っています。両親に読んでもらいたい本です。(上のリンクから買ってね!)


この本で私が共感したところ

・自分の二十年先のモデルを探すのです。・・・人生で目指すゴールは、いくら書物などを読んでも、本の中にはありません。こうした人と出会い、リアリティに触れることによって、より現実に近づくのです。(p58)


<昔の人をモデルにしたら本を読むしかないのですが、 やはり本では限界があるようです。 本も読みつつ、実際の人間との出会いにお金をかける段階に入ってきたような気がします>


・そもそも私は、「自分が学んだことを次世代に教える」ということこそが、人間が生きる価値の大きな部分を占めるのではないかと思います。(p133)


<私も「教える」ということに非常によろこびを感じるタイプです。 だから、まず教えることを自分で体得しなくてはなりません。>


・アメリカの研究者は、十年ごとに研究テーマを変えて、しかも大きな成果をあげています。(p141)


<今は英語をやっていますので、四十代は北京語、五十台はスペイン語、六十代は・・・というふうに十年ごとに集中するテーマを決めるのもいいかもしれません>


・「いつ死んでもいい」という覚悟を持っておくことが、これからの人生をいっそう充実させ、若いときよりなおいっそうの、素晴らしい仕事を生み出すのです。(p151)


・あなたの話によく耳をかたむけてくれる医師が、あなたにとって最高の名医なのです。(p228)


<医者の基本は患者の観察だそうです。ホームドクターを選ぶなら、「はい次、はい次」とどんどん処理していく人ではなく、しっかり時間をかけて診察してくれる人がいいそうです。これはなんとなく分りますね。>


人生百年私の工夫 (幻冬舎文庫)
日野原 重明
幻冬舎
売り上げランキング: 466886
おすすめ度の平均: 5.0
5 楽しく齢を重ねる工夫。


【私の評価】★★★★☆(89点)



著者紹介

 日野原 重明・・・1911年生まれ。1941年聖路加国際病院の内科医となり、内科医長、院長を経て、現在、理事長、名誉院長。予防医学、終末期医療の普及に尽力する。


読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
18,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
>>バックナンバー
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト発行者の日記

この記事が気に入ったらいいね!

この記事が気に入ったらシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: