人生を変えるほど感動する本を紹介する書評サイトです
本ナビ > 書評一覧 >

「あたりまえだけどなかなかできない出世のルール」浜口 直太

2006/05/19公開 更新
本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

あたりまえだけどなかなかできない出世のルール (アスカビジネス)

【私の評価】★★★★☆(83点)


●社会人を十年、二十年と続けていると、
 出世している人の共通点が見えるようになってきます。


 人によっては、気づいたときには、
 すでに遅い場合もあるでしょう。


 ・私の知り得る限り、出世した人で
  朝に弱い人は一人もいません。(p12)


●ですからこの種の本はできるだけ早く
 読んでいただきたいと思います。


・使命を自覚した時、
 才能の芽は急速に伸びる(p84)


●この本では、著者の経験したことだけが書いてあり、
 非常に読みやすく、
 説得力のある内容に仕上がっています。


・いつも前向きにかつ具体的な発言をすることだよ。
 決して、後ろ向きだったり、抽象的な発言はしないこと。
 また、批判したり評論したりしてもダメだよ。
 (テリー・ホーナー)(p28)


●仕事の本質もカバーしており、
 新入社員からベテランの方まで
 お勧めできる内容だと思いますので
 ★4つとしました。


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


 ・私が知っている会社や組織では、出世している人は
  例外なく声がでかくハキハキと話します。(p14)


 ・感謝上手は本当に出世します。
  逆に感謝の表現が下手な人は出世できません。(p19)


 ・仕事のできる人は、頼まれたらすぐやろうとします。(p30)


 ・講演する説きは、自分がこの場で一番偉いと思って話し、
  人の話を聞く時は、自分が一番無知だと思って聞くと
  上手くいきます。(飛岡健)(p44)


 ・「健康を維持できた人が最後には勝つ!」
  これは、ヒビットさんの口癖でした。(p49)


 ・頑張って成果を出せば出すほど誹謗・中傷される(p82)


 ・一流の人に会いまくろう(p92)


あたりまえだけどなかなかできない出世のルール (アスカビジネス)
浜口 直太
クロスメディアパブリッシング
売り上げランキング: 44495
おすすめ度の平均: 4.5
5 読んで損はないです
4 基本的なことをどれだけできるか
5 この本がきっかけ
5 渾身の1冊
5 出世したい!!

【私の評価】★★★★☆(83点)


■著者紹介・・・浜口 直太

 米KPMGピート・マーウィック、米プライス・ウォーターハウスを経て、
 米国で経営・起業コンサルティング会社を設立。その後、東京に国際
 ビジネス・経営コンサルティング会社JCIを設立。外資系ベンチャー
 キャピタルのマネジング・ディレクターを経て、日米数十社の役員を兼務。


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
25,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
>>バックナンバー
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。


お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト発行者の日記

<< 前の記事 | 次の記事 >>

この記事が気に入ったらいいね!

この記事が気に入ったらシェアをお願いします

この著者の本 :


コメントする


同じカテゴリーの書籍: