「台湾人と日本精神(リップンチェンシン)―日本人よ胸をはりなさい」蔡 焜燦

| コメント(0) |

台湾人と日本精神(リップンチェンシン)―日本人よ胸をはりなさい (小学館文庫)

【私の評価】★★★★★(91点)


●私はこの本を読んで、
 ドラえもんの場面をイメージしました。


 のび太は、スネ夫とジャイアンにいじめられます。


 「50年前、お前のおじいさんと親父に、
  家族がいじめられたんだ
  謝れ!金よこせ!謝り方がなってない!」


 そこにドラえもんがやってきて、のび太に言うのです。


 「確かに50年前、のび太は、ジャイアン家を支配していた。
  そして確かにジャイアンの家族を差別したところはあった。
  でも、お金を使って、家を修理したり、
  奨学金を出して良いこともしたんだよ。
  他の家では、そこに住む人からお金を
  取れるだけ取る所有者もいたんだ」


 それまで、そんなことを言われたことのなかったのび太は
 号泣するのです・・・


●著者は、台湾で日本の教育を受け、
 日本人として戦争を戦った世代です。


 著者によれば、確かに日本人と現地人の
 差別はあったようです。


 しかし、それ以上に、他の欧米諸国とは違い、
 搾取する対象としてではなく、
 あくまでも日本国の一部と考え、
 日本と同じレベルまで引き揚げるため多くの
 投資を行った
のは事実のようです。


 ・台湾の上下水道はこの時代に整備され、
  その結果、世界有数の伝染病根源地だった台湾から、
  マラリア、ペストをはじめ、あらゆる伝染病が消えていった。(p58)


●日本が引き揚げてからの台湾には、
 中華民国政府がやってきましたが、
 その人間性の低さにはひどいものがありました。


 ・中華民国政府による台湾統治が全島にゆき届きはじめ、
  それと同時に役人や警察がその権力を傘に威張り散らし、
  日本統治時代には考えられなかった不正がはびこり、
  賄賂が横行
しはじめていた。(p152)


●著者は、体育教師であったこともあり、
 賄賂により成績も、進級もどうにでもなる
 中国人の思考にガマンがならなかったようです。


 ・中国の教育というのは"商売"でしかなかった。彼らは、
  生徒を進級させるにも、よい成績を取らせるためにも、あらゆる
  場面で父兄に賄賂を要求し、教育など二の次だったのである。
  "雲泥の差"とはまさしくこのことをいうのだろう。(p83)


●さらには、虐殺も発生しており、
 中国人の支配する国家では、
 そのようなことが普通に起こることに
 私は恐怖を覚えました。


 ・蒋介石はためらわなかった。
  彼は、「格殺無論(皆殺しだ)・・・と返電した。・・・
  陳儀は「清郷工作」を断行する。・・・
  医師、弁護士、学者、教師などの知識層が無実のまま次々と逮捕され、
  そして裁判もなく虫けらのように処刑されていったのである。(p178)


●台湾においても中華民国政府は反日教育を行っていましたが、
 著者のように「それは間違っている」と主張してくれる人が
 いるからこそ、台湾では親日家が多いのでしょう。


 ・私は、台湾にやってくる日本人に説く。
  「自分の国を愛しなさい」と。
  自分の国をも愛せない人が、
  どうして他人や他の国の人々を愛せるだろうか。(p261)


●今、ジャイアンは、ドラえもんの家は
 自分のものであると主張しています。


 また、「反国家分裂法」という武力で、
 ドラえもんの家を奪うことのできる法律も作りました。


 台湾の次は日本か・・・、と
 恐ろしく思うのは私だけでしょうか。


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


 ・日本統治時代の輝かしい業績でも、
  とりわけ私が評価したいのは「教育」である。(p80)


 ・台湾では、いまでも「日本精神」=リップンチェンシンという
  言葉が、「勤勉で正直で約束を守る」という褒め言葉として
  使われている。
  まさしくそれは日本統治時代の教育の成果である。(p86)


 ・現代の日本人は、日本がかつて植民地で
  皇民化教育を行っていたことを非難するが、
  それは、「内地でやっていた教育を、
  同じ日本領土である台湾でもやっていた」
  だけのことだと私は納得している。(p93)


 ・中国人は、なにをするにも現金を要求し、
  現金を差し出さなければ動こうとはしない。
  これを日本人と中国人の国民性の違いと片付ける
  にはあまりに大きな格差である。
  否、これこそが、「近代国家」と
  「前近代国家」の違いだったのだろう(p165)


 ・人々は、「犬(日本人)が去って豚(中国人)来たり」と吐いた。
  犬はうるさいが守ってくれる、しかし豚は働かずにただむさぼる
  だけだという喩えだ(p167)


台湾人と日本精神(リップンチェンシン)―日本人よ胸をはりなさい (小学館文庫)
蔡 焜燦
小学館
売り上げランキング: 24136
おすすめ度の平均: 5.0
5 そうだったんだぁ・・・
5 せめて日本人は
5 全日本人必読の書
5 会う人に配りたいくらいの本
5 台湾の人が教えてくれる、日本人というもの

【私の評価】★★★★★(91点)



■著者紹介・・・蔡 焜燦(さい こんさん)

 1927年台湾生まれ。台中州立彰化商業学校卒業。
 45年岐阜陸軍整備学校奈良教育隊入校。
 終戦後、台湾で体育教師となるが、後に起業。
 現在、半導体デザイン会社「偉詮電子」会長。


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
25,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト発行者の日記



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)