本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「椅子とパソコンをなくせば会社は伸びる!」酒巻 久

(2005年9月12日)|本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

椅子とパソコンをなくせば会社は伸びる!

【私の評価】★★★★☆(83点)


●この本では、椅子をなくしたり、
 社員のパソコンの使用状況をチェックしていることなどが
 目立っていますが、酒巻さんのすごさは
 別のところにあると感じました。


 それはトップがやるべきことを理解し、
 その方法を知っているということです。


 それは目的を明確にすること。
 そして具体的な方法を自分が指示するのではなく
 部下に考えさせるということです。


・「座ってないで立ちなさい」などと、
 私から命令したことはただの一度もない。
 トップがすべきは、改革の「目的」を明示することであり、
 それを実現するための「手段」は
 部下に考えさせないといけない。(p57)


●著者がキャノン電子の再建で掲げた目標は
 すべてを半分にしようというもので、
 普通に考えれば無理な目標です。


 しかし、著者が現場をみて「できる!」という確信があり、
 実際できているのですから、
 著者の目が確かということでしょう。


・私がキャノン電子へ赴任し、最初に言ったのは、
 次の二つだけである。
 1 世界のトップレベルの高収益企業になろう
 2 そのためにすべてを半分にしよう(p20)


●部下に自分で考えさせるということも徹底しています。
 会議でも書類でも、かならず自分の意見を
 出させるということです。


・前に会議では「~だろう」式の発言を禁じていると書いた。
 実は同様に、自分の意思のない報告書も禁止しており、
 そのような報告書を持ってきた場合は、
 その場で突き返すことにしている。(p206)


●荒っぽい中に、
 実は光るヒントが含まれる一冊として
 ★4つとしました。


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・米国のラムズフェルド国防長官は、
 齢70をゆうに越えるが、
 職務中は一日中立っていると聞いた。(p66)


・キャノン電子ではその後も部署ごとに定期的に
 パソコンの操作履歴をチェックしている。
 これは定期的にやっていると
 社員に知らせる必要がある。(p110)


・具体的には組織として共有すべき書類や資料は、
 個人が抱え込むことを厳禁とし、
 すべて収納棚にまとめた。(p146)


・事務用品は、再利用を徹底すれば、
 新規に購入する必要はほとんどない・・・
 再利用をさらに徹底させるには、
 備品の購入は社長決済とすることだ(p150)


椅子とパソコンをなくせば会社は伸びる!
酒巻 久
祥伝社 (2005/07)
売り上げランキング: 1,338
おすすめ度の平均: 2.5
1 吐き気がしてきました
4 赤字部署、赤字会社の立て直しを考えたら
2 すごいな

【私の評価】★★★★☆(83点)


●著者紹介・・・酒巻 久

 1940年生まれ。キャノンにおいて、VTR、複写機、ファックス、
 ワープロ、PCなどを開発して、生産本部長まで昇進。99年キャノン
 電子の社長に就任。5年で利益を10倍にする。


読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
42,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト発行者の日記

この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: