「目からウロコが落ちる成功の法則」中島孝志

| コメント(0) |


小才は縁に出会って縁に気づかず、
中才は縁に出会って縁を生かさず、
大才は袖擦り合うた縁をも生かす
(柳生家の家訓)


●"縁"といえば、大学時代の学生寮で出会ったI君を思いだします。


 私は主に同じ学年の人と付き合っていましたが、
 I君は先輩、後輩とも親しい仲間として楽しんでいたようです。


●「人と仲良くなれるヤツだなー」と関心していましたが、
 あるとき、その秘訣の一端を垣間見ることができました。


●ある日、I君が、私の部屋にやってきたのです。


 それまで、I君は私の部屋にくることはあまりありませんでした。


 ふらりと立ち寄った感じです。


 I君は、しばらく自分の最近の話や、田舎での笑い話などをしていました。


 確かに、その話は面白いのです。


●1時間もたったでしょうか、さて、帰ろうかという頃、
 I君は、靴を貸してくれないかと切り出しました。


 なんだ、靴を借りに来たのかと思いましたが、
 私はI君の社交術のほうに感心してしまったのです。


●I君の社交術のポイントは次の3つでした。


 まず、自分から行って相手を楽しませる。


 やはりI君の話しは楽しいのです。


 次に笑顔。I君は笑顔がいいのです。


 そして3つ目は、ある程度親しくなったら、
 一緒に何かをしたり、相手に何かを頼んだり、
 逆に頼まれる。相互関係を深めるのです。


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・人間にはしょせん同じ波動の人間しか集まってこない。


・この世で起こることはずべて必然、必要なんですよ(船井幸雄)


●目からウロコが落ちなかったので、★2つとしました。


(評価:★★)


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
42,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト発行者の日記



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)