98点 / 97点 / 96点 / 95点 / 94点 / 93点 / 92点 / 91点 / 90点 /の書籍


タグ「KK致知出版社」が付けられているもの

    「なぜ、うまくいっている会社の経営者はご先祖を大切にするのか」天明茂

    【私の評価】★★★★★(91点) ■自分のご先祖さまを知り、  家系を分析することで、  人生が好転する!という一冊。  ご先祖さまは、  どうした苦労をしてきたのか。  ご先祖さまは、  そうした使命を持って  生きていたのか。  その性格、体質、考え方を  受け継いでいるのが、  自分なのです。 ・家系分析で一番大事なことは、  祖先の徳を讃え、感謝し、  受け継ぐ努力をすることである(p70) ■家系分析では、  まず家系図を作ります。  三代前までさかのぼると、  父母から4人の祖父母...


    「組織を変えるマネジメント」佐藤 克男

    【私の評価】★★★★★(94点) ■北海道の函館に近い森町に、  辣腕経営者が  町長としてやってきました。  それまでの森町は借金200億円、  財政調整基金(預金のようなもの)がゼロ。  どこの役場も同じだと思いますが、   サービス精神もゼロ。  毎年、毎年同じ仕事を  続けていたのです。 ・何もしない人に過失はない、  しかし何もしないこと程、  大きな過失はない  (下村湖人)(p1) ■そこに佐藤町長は次々と  手を打っていきます。  役所は町民サービス業だ。  笑顔、挨拶、スピー...


    「死ぬときに人はどうなる10の質問」大津 秀一

    【私の評価】★★★★★(91点) ■患者の最後の苦痛を和らげる緩和医療医として、  数百人の死者を見てきた  大津さんと一緒に「死」を考える本です。  人生80年と言われるように、  日常にあまり「死」というものが  存在しない現代社会。  しかし、  いずれ人は死ぬものであり、  その運命からは逃げられないのです。 ・この世の中で一つ正しいことがあります。  とても確実なこと。  それは、人は必ず死ぬということです(p1) ■「死」というものが  あまり身近にないために、  「死」と向き合っ...


    「続・志のみ持参」上甲 晃

    【私の評価】★★★★★:絶対お薦めです!家宝となるでしょう(94点) ●十四年間、松下幸之助とともに松下政経塾で仕事をしてきた  上甲 晃氏が「松下幸之助に学ぶ 経営者・幹部の経営心得」  とのテーマで講演した内容をまとめた一冊です。  松下幸之助のエピソードが圧巻で、電車の中で読み始め、  そのまま自宅まで、歩きながら読みきりました。  私はリュックサックにパソコンを入れて持ち運びしているため、  私の歩きながら読む姿は、きっと二宮尊徳のようだったでしょう。 ●松下電器からは多くの優秀な経営...


1
QR_Code.gif
左記QRコードまたはこちらから、空メールを送信してください。
※空メールに返信がない場合、ドメインbookmag2.comを指定受信リストに設定してください。


全テーマ(カテゴリー)

>月別(2002年7月~)

最近のコメント

  • おお: 最近、映画「ビリギャル」を再び見ました。 誇張の部分があるかもしれませんが、 私は素直に坪田先生とさやかちゃんに共感しました。 ど 続きを読む
  • HA: 会社組織で仕事を上手く進めていく指南書。 わかりやすく、自分のためになる本であった。 また、他の人にも勧めたい。 続きを読む
  • ryo: 名言セラピーは、全部読みました。 とても好きな本です。 いつも私の知らない本の書評で、 読書の指標になってますが、 こうして読んだ 続きを読む
  • 本のソムリエ: 中国製を辞めて、PRC(People's Republic of China)とは、頭いいですね。 国際関係で誠意を期待してはいけ 続きを読む
  • haru: こんにちは。 中国関連本といえば、こちらもお薦めします。 『メイド・イン・PRCの恐怖』郡司和夫著。桜の花出版。 PRCって、なん 続きを読む
  • KH: Kindle読み放題が始まってから、先日ソムリエ様がまとめてご紹介下さった本を順番に読んでおります。 どれもいい本でしかも読み放題 続きを読む
  • sano: サラとソロモンを読んで、今まで以上に幸せな状態自分の心地良い状態とは一体どういったことなのだろう、何だろう?とさらに考えるようにな 続きを読む