「繁栄の法則―戸が笑う」北川 八郎

| コメント(0) |

繁栄の法則―戸が笑う

【私の評価】★★★★★(91点)


●著者の成功法則とは、良いものを与える、
 信頼を重んじるというものです。


 つまり、営利に走るのではなく、
 お客様のためになるものを提供する。


 少し利益が減っても、お客様が満足するような
 対応をするというものです。


●当たり前のことに感じるかもしれませんが、

 会社に大きな損害が生じるとわかると、
 それを公表することを躊躇する会社が
 増えているのも確かでしょう。


 ・『少し損をして生きてゆくといい』。
  どれくらい損をするかというと、
  日頃の自分の十パーセントですね。(p31)


●どうすれば、そうした対応が取れるのかといえば、
 それは使命感を持つということです。


 「自分のサービスでお客様に安心を提供する」というような
 自分の使命を持てば、適切な対応が取れるということです。


 ・『利よりも信を』と『自分の使命を果たす』の世界というのがあって、
  そちらの生き方を選んでいくとよいでしょう。


●著者は、だれでも今世の使命を持っているといいます。


 自分を一段低くし、相手に与え、
 自分の使命を自覚できれば、
 自然と繁栄するものである
 ということです。


 ・今世の使命があるのです。今世、この世に何かをしに
  来ているのです
。神が与えてくれたわずか五十年~八十年
  のこの人生は、地位を得、自分の欲に生き、快を求めて、
  トラブルとストレスと対立と競争と大きな家を建てるために
  与えられたのではないのです(p134)


●著者は陶芸家なのに、内容は会社、人間の成功法則について
 書かれてある不思議な本です。


 私は、その緩やかな語り口と適切な内容に、
 松下幸之助の話を聞いているような錯覚に陥りました。


 自分のしたことが、そのまま返ってくるということを
 再認識させてくれる一冊です。★5つとしました。


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


 ・三十代までは人からもらう世界。知恵をもらったり、
  教えてもらったり、力をもらったり、『もらう世界』ですよ。
  でも四十代になったら、今度は『返す世界』です。(p100)


 ・私は子供たちに向かって、『大は小をもって、小は大をもって』、
  つまり大きなことには小さな決心でやりなさい、小さなことは
  細心の注意で大事にしなさい、ということを言いました。(p21)


 ・五番目に大事なことは『自己犠牲』と
  『徳のレンガ』を積むこと。(p52)


▼引用は、この本からです。

繁栄の法則―戸が笑う
北川 八郎
致知出版社
売り上げランキング: 44399
おすすめ度の平均: 5.0
5 生き方のルールについて。
5 すべての商人が読むべき
4 心を素直にする本
5 心の力を見直そう
5 読んでみて題名に納得!

【私の評価】★★★★★(91点)

■著者紹介・・・北川 八郎(きたがわ はちろう)

 昭和19年(1944年)生まれ。防衛大中退。
 カネボウ化粧品(株)銀座本社勤務後、長野県に移住。
 1984年阿蘇外輪山の南小国町に移住。満願寺窯を開窯。
 自然灰釉(うわぐすり)の研究。
 1985年41日間の完全断食を山中にて行う。
 1987年43日間の完全断食を再び山中にて行う。
 渋谷東急プラザにて作品展。以後毎年開催継続。
 1998年銀座三越ギャラリーにて個展開催。
 2000年銀座三越ギャラリーにて個展開催。


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
42,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト発行者の日記



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)