タグ「KK同文舘出版」が付けられているもの

    「直販・通販で稼ぐ! 年商1億円農家」寺坂 祐一

    【私の評価】★★★★★(94点) ■著者は、コメ、ニンジン、  アスパラガス、豆類を栽培し  農協に委託販売していました。  ところが、いくら働いても  収入は数百万円。  著者は、メロンの直販に  集中することにしました。 ・メロン栽培と直販に人と投資を集中・・  農地も売りました・・  メロン栽培技術の向上も早くなります。  そればかりやっているのだか...

    「お客様が「減らない」店のつくり方」高田 靖久

    【私の評価】★★★★★(94点) ■商売を始めるときをイメージしてみます。  良い商品・サービスと清潔な店舗。  そして、よく教育された従業員を  準備するでしょう。  あとは販促です。  チラシを配る。広告を出す。  最初は、目新しさもあって、  お客様がどんどん来て、  お店を回すだけで手いっぱい。 ・多くが「フリーペーパー」「クーポンサイト」  「割...

    「不景気でも儲かり続ける店がしていること」米満和彦

    【私の評価】★★★★★(90点) ■印刷会社を退職し、独立した著者は、  しばらく仕事を受注できませんでした。  どうして、受注できないんだ・・・。  悩みに悩んだ著者が発見したのは、  知らない人に発注する人はいない、  ということ。  よく知らない業者が飛び込みで来たとしても、  その業者へ発注するためには、  それだけの情報と信頼が必要なのです。 ・...

    「敗者復活力」廣田 康之

    【私の評価】★★★★★(94点) ■確か「凡人の野望」で平秀信さんと共著者となっていた  廣田さんの一冊です。  現在は、10以上の会社を興し、部下を育て社長とし、  引退に近い生活をされているようです。  この本では、いかに自分が落ちこぼれだったか、  いい加減で、電話で注文も取れない  単なる不良であったかから始まります。 ・運は誰にでもつかむことがで...

    「思いどおりに他人を動かす交渉・説得の技術」谷原 誠

    【私の評価】★★★★★(92点) ■人生は交渉の連続です。  学校でも、職場でも、家庭でも、  いかに相手に気持ちよく、  自分の思うとおりに動いてもらうかは、  人生で最も大切な技術であるといって良いでしょう。   ・子供が全然勉強しないので、勉強をさせたい。    ただ「勉強しろ」と言えば、    勉強してくれるだろうか。    それは無理だろう。・・...

    「繁盛店の「ほめる」仕組み」西村 貴良

    【私の評価】★★★★★(90点) ■著者が、飲食店のコンサルティングで  最初に行ったのは、  悪い点をリストアップして指摘することでした。  「改善すべき点はコレコレ・・・」  ところが、最初は効果が出ていましたが、  だんだんと効果はなくなっていきました。  契約も打ち切られました。   ・自分の部下のことを決して悪く言ったりしてはいけないよ・・・  ...

1

スポンサードリンク

>月別(2002年7月~)