「分断した世界 逆転するグローバリズムの行方」高城 剛

| このエントリーをはてなブックマークに追加

分断した世界 逆転するグローバリズムの行方

【私の評価】★★☆☆☆(68点)


■高城さんの仮説は、
 新しい技術とバブル崩壊が
 交互に起こるというものです。


 そう考えると、ネットによる
 技術革新に伴いもっと大きな
 大恐慌がやってくるのではないかと
 予想しているのです。


■すでにリーマンショックが
 アメリカを中心とする経済圏を
 弱めています。


 次の時代は中国なのか。
 その前に、中国のバブルが崩壊し、
 世界大恐慌のようなことが起こるのか。


 これからどうなるのでしょうか。


 高城さん
 良い本をありがとうございました。


───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・僕の仮説、つまり新しい「魔法の機械」の
 普及による「情報の爆発」が、
 人間の欲望による悪巧みを掻き立て、
 それがバブルから崩壊へと誘う・・(p16)


・フィンテックとは、「オフショア金融センター」を、
 サイバー空間で作れるかどうかが鍵となる・・
 実はシティは1189年から自治権を持つ都市だ・・
 租税回避や守秘性などさまざまな便宜を図る
 世界的な金融センター・・
 一方、アメリカにおいても、ホワイトハウスから
 わずか160キロ先に、デラウエア州という
 タックスヘイブンがある(p47)


・「フォーチュングローバル500」社のうち、
 362社(72%)が法人税の支払いを回避する
 行動を取っていたという・・GEは2010年に
 140億ドル(約1兆4200億円)もの利益を
 上げていながらも、法人税をまったく
 納税していなかったのだ(p83)


・現在のアメリカでは、上位1%が持つ資産は、
 残りの99%が持つ資産の総量よりも多い(p104)


・トランプの大統領選における最大献金者には
 前述のコーク兄弟が出資するAFPのほか・・
 ロバート・マーサー・・もうひとりが、
 ラスベガスや各国で巨大カジノの
 サンズグループを経営するシェルドン・アデルソンだ。
 このユダヤ人の富豪は、・・
 シオニズム信奉者(シオニスト)である(p154)


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
blogranking.png


人気ブログランキングへ


分断した世界 逆転するグローバリズムの行方
高城 剛
集英社
売り上げランキング: 604

【私の評価】★★☆☆☆(68点)



■目次

第1章 統合と再「分断」の歴史
第2章 アメリカの「分断」は民主主義の終焉なのか?
第3章 城壁発祥の地、EUの「分断」



にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)