「中国に勝つ 日本の大戦略 プーチン流現実主義が日本を救う」北野 幸伯

| このエントリーをはてなブックマークに追加

中国に勝つ 日本の大戦略 プーチン流現実主義が日本を救う

【私の評価】★★★★★(97点)


■リーマンショック前からアメリカの没落を予言。
 そして尖閣問題前から中国の増長を予言。
 さらにはロシア・アメリカの闘いを予言し、
 的中させた北野さんの一冊です。


 なぜ、北野さんが複雑な国際情勢を
 的確に的中できるのかといえば、
 歴史に学び、現実を直視しているからでしょう。


 この本では、中国の自滅を予言しています。
 ただし、この本に書いてある
 日本の大戦略を実行すればの話です。


・中国の戦略は、「アメリカ、ロシア、韓国と共に
 『反日統一共同戦線』をつくること」。
 日本は、この戦略を無力化するために、
 正反対のことをすればいい(p257)


■すでに、日中戦争は始まっている、
 と北野さんは断言します。


 これまで中国、韓国は、
 「日本は軍国主義化している!」
 「日本は歴史を歪曲しようとしてる!」
 と日本を非難してきました。


 私は、中国と韓国は
 なんでそんな非難するの?
 と疑問に思っていました。


 そのなぞは、解けました。


 中国は、日本と領土問題を持つ
 ロシア、韓国と共同で
 日本を叩く戦略を実行中なのです。


 それも大量の資金とスタッフを使い、
 アメリカさえも仲間に取り込んで
 尖閣、沖縄を取りにきている。


 この逆をやれば、
 日本はなんとか耐えることが
 できるだろうということです。


・中国、ロシア、韓国で「反日統一共同戦線」
 をつくり、尖閣のみならず沖縄を奪う。
 日米を分裂させ、アメリカを
 「反日統一共同戦線」に入れる(p15)


■日本は孤立して、
 太平洋戦争で敗戦しました。


 今度もまた孤立するのか、
 それとも戦略的にロシア、韓国と和解し、
 中国の戦略を無力化するのか。


 これまで安倍首相は、
 北野さんの大戦略に沿った形で
 外交を行ってきました。


 しかし、まだ安心はできません。


 中国は膨大な資金を使って、
 マスコミ、政治家、事業家を使って
 工作を継続中だからです。


・「チャイナ・ロビー」のパワーは、
 「イスラエル・ロビー」を超え、
 世界一強力になっていると見て
 間違いないでしょう。
 1993年の「クリントン・クーデター」につづき、
 「トランプ・クーデター」を
 起こすことに成功したのです(p200)


■北野さんは、日本は「善悪」で
 政策を判断しがちであると、
 指摘しています。


 例えば、日本は悪くない、
 韓国の竹島侵略が悪いのだ、
 というのは「善悪」論です。


 しかし、北野さんは国際政治では
 「勝負」で判断したほうがいいと
 断言します。


 つまり、日本の最大の敵は
 反日工作を行う中国であり、
 中国に勝つために、韓国を許し、
 仲間にしよう、が「勝負」論です。


 まさに歴史に学ぶ一冊でした。
 ★5つとします。


 なお、私も読んでいる北野さんのメルマガ
 「ロシア政治経済ジャーナル」
 はこちらから登録できます!


 北野さん
 良い本をありがとうございました。


───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・日中戦争は、もうはじまっています・・
 中国の著名な専門家は、中国と同様、
 日本と領土問題を抱えるロシアと韓国に対し、
 反日統一共同戦線を組むことを呼びかけた(p9)


・その作戦には120億ドルの年間予算が充てられ、
 党の常務委員によって運営されていた・・
 1000人以上のスタッフが働いていた。
 そこは「統一戦線工作部」と呼ばれ、
 独自に情報を収集し分析している
 『China 2049』185~186p(p51)


・ヘンリー・キッシンジャーは、
 その著書『キッシンジャー回想録 中国』
 の最後で、「太平洋共同体」を提唱しています。
 「太平洋共同体」とは、要するに、
 アメリカと中国で仲良く世界を
 支配しましょうということです(p189)


・中国がトランプを変心させるために
 まず行ったのは、
 「家族を懐柔すること」でした(p200)


・日本は、中国に「動く口実」を与える
 徴発を謹むべきです・・
 トランプ・アメリカが、
 「中国と覇権を争う」と決意したとしても、
 「日本を駒に使って中国と戦わせよう!」
 となるかもしれない(p269)


・「善悪論」で考えれば・・
 アメリカに、満洲利権を一部とはいえ譲れるか!・・
 しかし、「勝敗論」で考えると、
 別の光景が見えてきます。
 日本がもっとも恐れていたのは、
 ロシアの南下政策でした・・
 アメリカを満洲に入れておけば、
 日本は対ロシアでかなり楽になった(p216)


・「集団的自衛権行使容認」について、
 反対している人がたくさんいます。
 その一番の理由は、「アメリカの戦争に
 巻き込まれて日本人が死ぬから」・・
 アメリカから見ると、ただの
 「狡猾さ」にしか思えないでしょう・・
 イギリスが日本との同盟を破棄したように、
 アメリカも日米同盟破棄を
 通告してくるでしょう(p223)


・「歴史は80年ごとに繰り返す」という説があります・・
 2008年9月にはじまった世界的経済危機は、
 約80年前(正確には79年前)に起こった
 「世界恐慌」を思い出させました・・・
 2017年は、日中戦争がはじまってから
 ちょうど80年目にあたります(p315)


・アメリカは、ウクライナを放置することとし、
 中国バッシングに全力を
 注ぐようになっていきます・・
 バッシングのネタは、
 「南シナ海埋め立て問題」です(p113)


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
blogranking.png


人気ブログランキングへ


中国に勝つ 日本の大戦略 プーチン流現実主義が日本を救う
北野 幸伯
扶桑社 (2017-12-02)
売り上げランキング: 59

【私の評価】★★★★★(97点)

[Amazonで購入する]

[楽天ブックスで購入する]



■目次

第1章 「反日統一共同戦線戦略」が生まれた背景
第2章 「反日統一共同戦線戦略」を無力化させた安倍総理
第3章 日本人の知らない米中関係の真実
第4章 中国に勝つ方法
第5章 中国の近未来



にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

スポンサードリンク

>月別(2002年7月~)