「マンガでやさしくわかる資料作成の基本 」吉澤 準特

| コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加

マンガでやさしくわかる資料作成の基本

【私の評価】★★★★★(91点)


■以前、メルマガで紹介した
 「外資系コンサルが実践する資料作成の基本
 【私の評価】★★★★★(95点)

 のマンガ版です。


 内容は、ほぼ同じですが、
 若い人にはマンガのほうが
 取っつきやすいのでしょう。


 若い人に限らず、
 資料の作成にあたっては、
 依頼者の意向確認とレビュー(確認)を
 しっかりやってほしいですね。


・資料を依頼してきた相手とのレビュー・・
 レビューの回数は、スケルトン・ドラフト・
 フィックスのそれぞれ1回ずつ、
 計3回を基本セットと考えます(p89)


■資料作成で大事なことは、
 目的と依頼者に合わせて
 作るということです。


 ビジュアルな資料を望む依頼者に、
 正しいけれども文字ばかりの
 資料を作ってしまっては失格でしょう。


 すべてのデータを書く必要はなく
 論点が示せればいい。
 詳細データは別添または
 手持ちでいいのです。


相手のタイプに合わせて・・
 実用志向タイプは、単刀直入・・
 低リスク志向タイプは、事実やデータに基づいて・・
 こだわり志向タイプは、自己判断を優先した
 結論ありきの資料を好みます(p92)


■このシリーズの良いところは、
 レイアウトからフォントまで
 徹底して実務的であること。


 そして、徹底して細部にも 
 配慮していること。


 教科書として職場に一冊
 備えておくべき本だと思いました。


 吉澤さん、
 良い本をありがとうございました。


────────────────────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・資料作成でもっとも多く発生する失敗は、
 資料作成者の勝手な思い込みによって、
 依頼側の意図しない資料が作成されること(p57)


・スケルトン:資料の目次・概要を作る
 スケルトンとは、資料のコンテンツを
 「目次レベル」+「概要説明レベル」
 で作成したものです(p85)


・分かりやすい資料は
 ストーリーの中に論点がある(p118)


・目次単位にPREPで論点を列挙・・
 主張(P)を伝え、次にその理由(R)、
 具体的事例(E)
を示し、最後に
 それらを結び付けてまとめ(P)(p123)


・資料のレイアウトを統一する・・
 ヘッダー・本文・フッターに
 ルールを設定することで、
 資料の見た目に統一感を持たせて
 読みやすさを向上(p136)


マンガでやさしくわかる資料作成の基本
吉澤 準特
日本能率協会マネジメントセンター
売り上げランキング: 7,260

【私の評価】★★★★★(91点)



楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村

blogranking.png
人気ブログランキングへ


■目次

プロローグ:資料作成タイプ診断
 Story0 資料作りってこんなに大変なの! ?

1章: 資料作成の基本のキ
 Story1 海辺の特訓スタート!

2章:資料の中身と骨組みを作る
 Story2 本当のキーパーソンは誰?

3章:ひとめでわかる資料を作る
 Story3 いなくなった"憧れの人"

4章 より見やすくわかりやすく磨く
 Story4 戦うべき相手はいったい誰?



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読 スポンサードリンク

コメントする

QR_Code.gif
左記QRコードまたはこちらから、空メールを送信してください。
※空メールに返信がない場合、ドメインbookmag2.comを指定受信リストに設定してください。


カテゴリー評価別

>月別(2002年7月~)

最近のコメント

  • おお: 最近、映画「ビリギャル」を再び見ました。 誇張の部分があるかもしれませんが、 私は素直に坪田先生とさやかちゃんに共感しました。 ど 続きを読む
  • HA: 会社組織で仕事を上手く進めていく指南書。 わかりやすく、自分のためになる本であった。 また、他の人にも勧めたい。 続きを読む
  • ryo: 名言セラピーは、全部読みました。 とても好きな本です。 いつも私の知らない本の書評で、 読書の指標になってますが、 こうして読んだ 続きを読む
  • 本のソムリエ: 中国製を辞めて、PRC(People's Republic of China)とは、頭いいですね。 国際関係で誠意を期待してはいけ 続きを読む
  • haru: こんにちは。 中国関連本といえば、こちらもお薦めします。 『メイド・イン・PRCの恐怖』郡司和夫著。桜の花出版。 PRCって、なん 続きを読む
  • KH: Kindle読み放題が始まってから、先日ソムリエ様がまとめてご紹介下さった本を順番に読んでおります。 どれもいい本でしかも読み放題 続きを読む
  • sano: サラとソロモンを読んで、今まで以上に幸せな状態自分の心地良い状態とは一体どういったことなのだろう、何だろう?とさらに考えるようにな 続きを読む