「からだの中を愛でいっぱいにする方法」伊藤 守

| コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加

からだの中を愛でいっぱいにする方法

【私の評価】★★☆☆☆(66点)


■"愛"とは何かと
 考える一冊です。


 "愛"とは、優しい、ことでは
 ありません。


 ただ、そこにあること。


・関わり、それが、愛だからです(p12)


■"愛"とは、追いかけると、
 逃げていくもの。


 求めると、遠ざかる。


 自然に生きるなかで、
 愛することで、愛されるのでしょう。


 若干分かりにくかったので、
 ★2つとしました。


 伊藤さん、
 良い本をありがとうございました。


─────────────────────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・自分の本音と向き合うのは、
 怖いものです・・
 だから、みんな演技をしています。
 だいじょうぶなふりをしています(p16)


・いちばんむずかしいのは、
 自分が愛されていることを
 受け入れることなのでしょう(p41)


からだの中を愛でいっぱいにする方法
伊藤 守
ディスカヴァー・トゥエンティワン
売り上げランキング: 471,541

【私の評価】★★☆☆☆(66点)


この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読 スポンサードリンク

コメントする

カテゴリー評価別

>月別(2002年7月~)

最近のコメント

  • TOK: 平和です 続きを読む
  • TOK: 私は咽頭がんでした がんとは老化ですか こころが軽くなりました  続きを読む
  • おお: 最近、映画「ビリギャル」を再び見ました。 誇張の部分があるかもしれませんが、 私は素直に坪田先生とさやかちゃんに共感しました。 ど 続きを読む
  • HA: 会社組織で仕事を上手く進めていく指南書。 わかりやすく、自分のためになる本であった。 また、他の人にも勧めたい。 続きを読む
  • ryo: 名言セラピーは、全部読みました。 とても好きな本です。 いつも私の知らない本の書評で、 読書の指標になってますが、 こうして読んだ 続きを読む
  • 本のソムリエ: 中国製を辞めて、PRC(People's Republic of China)とは、頭いいですね。 国際関係で誠意を期待してはいけ 続きを読む
  • haru: こんにちは。 中国関連本といえば、こちらもお薦めします。 『メイド・イン・PRCの恐怖』郡司和夫著。桜の花出版。 PRCって、なん 続きを読む