「BtoBマーケティング&セールス大全」岩本俊幸

| コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加

BtoBマーケティング&セールス大全 (DOBOOKS)

【私の評価】★★★★☆(83点)


■個人・家庭向け「BtoC」から始まった
 ネットを利用したマーケッティングが、
 企業向け「BtoB」にも活用されてきています。


 この本で、そうした企業向けの
 今どきのマーケティング手法について
 教えてもらいましょう。


※「BtoB」とは、Business-to-Business、
 企業が企業向けに事業を行うこと。


※「BtoC」とは、Business-to-Consumer、
 企業が個人・家庭向けに事業を行うこと。


■情報商材で稼いでいる人たちは、
 ブログで情報提供して見込み客を集め、
 無料レポートでメールアドレスを
 集めています。


 同じように、企業も自社のサイトに
 お客さまの"為になる"コンテンツを書いて、
 見込み客を集めればいい。


 そして、資料をダウンロードしてもらったり、
 資料請求してもらうことで、見込み客の
 企業名、氏名、メールアドレスを集めるのです。


 この見込み客のリストに対して、
 メルマガや展示会などを通じて
 商品を紹介していけばいいのですね。


・ダウンロード資料・・・無料でダウンロードできる
 かわりに指名とメールアドレスなど個人情報の登録を
 行う仕組みになっています(p112)


■見込み客集めから売り込みまでの手法は、
 インターネットの拡張により
 多様化しています。


 従来のルート営業、電話営業、マス広告、DM、
 展示会、プレスリリース、FAXDMに加えて、
 メルマガ、ブログ、Web広告との
 連動が必須となってきているのです。


 いろいろ試して、データを集める
 それ自体がノウハウになるのだろうな、
 と思いました。


 岩本さん、
 良い本をありがとうございました。


────────────────────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・コンテンツは見込み客との貴重な接点です・・
 あまり費用や手間をかけられないという場合・・
 よく使われる手法の1つが、メールマガジンです(p75)


・広告費を削減するための施策の1つとして
 注目を集めているのが、自社で運営する既存のサイトに
 「コンテンツ」を掲載することです・・・
 多くのユーザーにとって"ためになる"と
 感じてもらえるような情報です(p79)


・「△△という手法が広がっている」・・
 「業界内の知識」をわかりやすく
 ブログでまとめることで、
 非見込み客が課題に気づくきっかけとなります。
 これらのコラムやブログの最後には必ず
 「会員登録」や「資料請求」、「問い合わせ先
」などの
 非見込み客がアクションをとれるポイントを
 設けておくようにしましょう(p111)


FAXDMは比較的安い価格で販促ができるため、
 自社サイトのように見込み客に対し、定期的に
 有効な情報を発信するのに適しています・・
 送信前に確認をとる、解除しやすくしておくなど
 注意が必要です(p138)


・まずは展示会でカタログや名刺交換といった
 コンテンツで非見込み客を獲得し、
 コラムやメルマガでコールドリードを育てる(p170)


BtoBマーケティング&セールス大全 (DOBOOKS)
岩本 俊幸
同文舘出版
売り上げランキング: 4,474

【私の評価】★★★★☆(83点)



楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村

blogranking.png
人気ブログランキングへ


■目次

第1章 BtoBマーケティングの現状
第2章 「BtoBマーケティング&セールス」という視点
第3章 BtoBマーケティング&セールス 購買プロセスにおける10のフェーズ
第4章 BtoBマーケティング&セールスの6つのステップ
第5章 BtoBマーケティング&セールス 媒体別の特長とステップごとの施策
第6章 BtoBマーケティング&セールスの具体例



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読 スポンサードリンク

コメントする

カテゴリー評価別

>月別(2002年7月~)

最近のコメント

  • TOK: 私は咽頭がんでした がんとは老化ですか こころが軽くなりました  続きを読む
  • おお: 最近、映画「ビリギャル」を再び見ました。 誇張の部分があるかもしれませんが、 私は素直に坪田先生とさやかちゃんに共感しました。 ど 続きを読む
  • HA: 会社組織で仕事を上手く進めていく指南書。 わかりやすく、自分のためになる本であった。 また、他の人にも勧めたい。 続きを読む
  • ryo: 名言セラピーは、全部読みました。 とても好きな本です。 いつも私の知らない本の書評で、 読書の指標になってますが、 こうして読んだ 続きを読む
  • 本のソムリエ: 中国製を辞めて、PRC(People's Republic of China)とは、頭いいですね。 国際関係で誠意を期待してはいけ 続きを読む
  • haru: こんにちは。 中国関連本といえば、こちらもお薦めします。 『メイド・イン・PRCの恐怖』郡司和夫著。桜の花出版。 PRCって、なん 続きを読む
  • KH: Kindle読み放題が始まってから、先日ソムリエ様がまとめてご紹介下さった本を順番に読んでおります。 どれもいい本でしかも読み放題 続きを読む