「幸運を引き寄せたいならノートの神さまにお願いしなさい」丸井 章夫

| コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加

幸運を引き寄せたいならノートの神さまにお願いしなさい

【私の評価】★★★★★(98点)


■丸井さんは、ノートを使って、
 クライアントに自信を持たせ、
 3万人もの人生を変えてきました。


 まず、クライアントが
 最初にやるのは自分を知ること。


 そのために
 プチ自分史を作ってみます。


 自分は何が得意なのか、
 どんなことを大切にしているのか、
 振り返ります。


自分史をノートに書くことによって、
 自分の才能に気づくことが
 できるようになります(p46)


■自分の価値観が見えてきたら、
 次は理想の自分を書いていきます。


 自分の人生の
 究極の目標はなんなのか。


 自分はどうなりたいのか。


 そのためにいつまでに
 何をどうするのか。


 ノートに書いていくことで、
 しだいに自分の思いが整理され、
 セルフ・イメージが
 まとまっていくのです。


・良い質問とはどのような質問かと言うと、
 「年収1000万円のカウンセラーになるために
  必要なことは何ですか?
」という
 目標達成のための手段を尋ねる質問です(p52)


■ノートに書くということは、
 考えること、
 そのものだと思いました。


 人は考えているようで、
 自分の人生を考える機会が少ない。


 だから、この本で
 ぎっちり自分の人生について考えてみたい、
 と思わせてくれる一冊でした。


 丸井さん、
 良い本をありがとうございました。


────────────────────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・過去の時系列から振り返りをする・・ 
 おおまかにでも、運命の周期を発見できて、
 自然と、"頑張り時"の「タイミング」も
 わかるようになり、運が良くなっていく(p62)


ご先祖の生き様や職業を研究すると、
 良い気づきが起こります。・・・
 何歳で何があったか、どんなことが起きたか。
 職業についても詳しく調べます(p112)


・「毎日少しずつ願望を書き続ける習慣」を
 つけることも私は勧めています。
 毎日書くと、必ず何らかの「気づき」が
 あるからです(p77)


・自己の才能を発見する方法・・・
 ギフト・ノートに、過去、
 自分が10万円以上費やしてきたもの
 すべてを書き出す
・・(p111)


・ノートに書いたことは、
 絶対に口外してはいけない・・
 ネガティブな言葉をもらったりして、
 言った本人が自信をなくしてしまいます(p91)


・ギフト・ノートに、その日の
 印象に残ったことを3行でいいので、
 書いてから就寝
するようにしてください(p102)


・現在、抱えている問題を解決したいとき・・
 問題解決に関連する本をまず3冊
 隅なく読んでみることを勧めています(p121)


幸運を引き寄せたいならノートの神さまにお願いしなさい
丸井 章夫
すばる舎 (2015-11-21)
売り上げランキング: 125

【私の評価】★★★★★(98点)



楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 

人気ブログランキングへ


■目次

Chapter1 なぜノートを書くと人生が好転するのか?
Chapter2 ノートを書いたら神さまが味方してくれる!
Chapter3 ドリーム・ノートで夢がどんどん実現する!
Chapter4 ギフト・ノートで自分の才能に気づける!
Chapter5 ソリューション・ノートで悩みがすっきり消える!
Chapter6 ノートの神さまに好かれる方法
Chapter7 人生が変わるノートの技術


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ20.png
にほんブログ村



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読 スポンサードリンク

コメントする

QR_Code.gif
左記QRコードまたはこちらから、空メールを送信してください。
※空メールに返信がない場合、ドメインbookmag2.comを指定受信リストに設定してください。


全テーマ(カテゴリー)

>月別(2002年7月~)

最近のコメント

  • ryo: 名言セラピーは、全部読みました。 とても好きな本です。 いつも私の知らない本の書評で、 読書の指標になってますが、 こうして読んだ 続きを読む
  • 本のソムリエ: 中国製を辞めて、PRC(People's Republic of China)とは、頭いいですね。 国際関係で誠意を期待してはいけ 続きを読む
  • haru: こんにちは。 中国関連本といえば、こちらもお薦めします。 『メイド・イン・PRCの恐怖』郡司和夫著。桜の花出版。 PRCって、なん 続きを読む
  • KH: Kindle読み放題が始まってから、先日ソムリエ様がまとめてご紹介下さった本を順番に読んでおります。 どれもいい本でしかも読み放題 続きを読む
  • sano: サラとソロモンを読んで、今まで以上に幸せな状態自分の心地良い状態とは一体どういったことなのだろう、何だろう?とさらに考えるようにな 続きを読む
  • (´・ω・`): 自分が買ったアイリスオーヤマの商品が2回連続で不良品の理由がこの概要でなんとなく理解できました、自分の場合は安物買の銭失いでした。 続きを読む
  • 清水 優: 「鈍才が7件もの多彩な異業種で何故成功出来たのか」の著者です。お忙しいところ、極めて正確に幣趣意をお汲み取り頂き、適切なコメントを 続きを読む