本のソムリエおすすめ本を紹介する書評サイトです
本ナビ > 書評一覧 >

「あきらめ上手になると悩みは消える」丸井章夫

本のソムリエ 2014/04/08メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

あきらめ上手になると悩みは消える


【私の評価】★★★★★(92点)


要約と感想レビュー

 著者は、心理カウンセラーです。最初は「手相家」として、「大丈夫ですよ、長生きの相が出ています」などとアドバイスしていましたが、手相だけでは悩める人を助けることに限界があります。


 そこで著者は、心理学を使って、悩みの原因を整理して、選択肢を示し、優先順位をつけながら、一歩踏み出す手助けをはじめたのです。


・選択肢がその人の本質にふさわしいかどうか分析し、優先順位をつけながら「あきらめるかどうか」の選択をうながす手助けをします(p64)


 ここで大切になるのが、主体性です。つまり、自ら決めること。人から勧められてやるのと、自分で決断してやるのとでは、まったく違います。人に言われてやったことは、失敗すれば後悔します。


 自分で決めたことは、自分で受け止めるしかないということです。同じように、やめる、あきらめるのも同じように主体的に決めて、実行していくことが大事なのです。


・後悔のない「あきらめ」をするには、受け身ではなく主体的に「あきらめるかどうか」を検討しなければならないのです(p74)


 私が驚いたのは、著者が人のタイプ別にアドバイスを変えているところです。


 人間関係をなによりも大切にする人なら、家族との時間を大切にさせる。仕事での成功を求める人なら、目標への近道を選択する。自分の成長が大事ならば、その力量を認めてあげる。最適なアドバイスは、人の性格によって異なるのです。


・プロモーターは単にチヤホヤされたいのではなく、自分の力量を正当に評価されたいと考えているのです。そんなプロモーターの選択基準は「自分の成長につながるかどうか」です(p105)


 「あきらめ」とは、本当に大切なことのために、何かを切り捨てること。そして、何かを切り捨てると、本当に大切なことが浮かび上がってくるのだという。人生にはそうした決断をしなくてはならない時が来るのかもしれません。


 丸井さん、良い本をありがとうございました。


この本で私が共感した名言

・自分がなにに悩み、どんな選択肢の間でゆれているかを誰かに話すということは、自分の頭のなかを整理することにもなる(p131)


・悩むこと自体は決して悪いことではありません。なぜなら人は悩むことによって自分を見つめなおし、状況を変化させようと努力をすることで、悩みをプラスに、ピンチをチャンスに変えていくことができるからです(p21)


・自分の「本当に大切なこと」以外のことを「あきらめる」ことで、人生にもっとも大切なことがはっきりとして、それに邁進できるようになる(p26)


・思想や行動に共感でき、自分もかくありたいと思える人物を想定して、「あの人ならどうするか」をイメージしてください(p152)


・私は「心がふさいだときはB級映画」と決めています(p138)


あきらめ上手になると悩みは消える
あきらめ上手になると悩みは消える
posted with Amazonアソシエイト at 14.04.07
丸井章夫
サンマーク出版
売り上げランキング: 53,844


【私の評価】★★★★★(92点)



目次

第1章 なぜ「重い気分」がなくならないのか
第2章 悩みの原因は三つしかない!
第3章 タイプ別にみる「あきらめ上手」になる極意
第4章 誰でもできる「あきらめ上手」になる習慣


この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

<< 前の記事 | 次の記事 >>

この記事が気に入ったらいいね!

この記事が気に入ったらシェアをお願いします

この著者の本 : , ,



同じカテゴリーの書籍: