本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「DVD付 講師を頼まれたら読む「台本づくり」の本 」大谷 由里子

2014/04/09本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

DVD付 講師を頼まれたら読む「台本づくり」の本

【私の評価】★★★★☆(87点)


■年間300回以上講演するという
 人気講師の一冊。


 講演前の準備としての
 台本づくりを教えてくれます。


 まず、やることは、
 何を伝えたいのか、
 はっきりさせること。


 自分は何のために、
 講演をしているのか?
 ということですね。


・まず「志シート」をつくてみましょう。
 自分の講師としての「」と「目的」、
 主催者や聞き手から「求められていること」、
 そして「伝えたいメッセージ」を書き出します(p42)


■目的が決まったら、
 話のネタを作るために、
 自分の人生を振り返ります。


 自分の体験談をネタにするのです。


 人から聞いた話や、
 本で読んだ話でもよいのですが、
 やはりインパクトがあるのは自分の体験談です。


 成功談より、失敗談のほうが、
 ウケるようです。


・次の三つのジャンルテーマについて、
 自分の体験を思い出してみてください。
 「理不尽な体験」
 「怖かった体験」
 「ありえない体験」(p68)


■著者の場合は、やはり吉本興業での
 修業時代の話が面白い。


 付属の講演DVDだけで、
 書籍1600円分はあると思いました。


 大谷さん、
 良い本をありがとうございました。


───────────────────────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・目標は、「五分ネタを30個」です(p136)


・人気講師ほど、たくさんの体験談を用意しています・・
 自分の人生を振り返り、幼い頃からの出来事を
 書き出してみましょう。(p61)


・最近、仕事の中で、あなた自身が「へー」と思うような
 事件やニュースはありませんでしたか?・・・
 自分の専門分野のトリビアを書き出してみてください(p114)


・なぜ、その学校に入ったのか?
 なぜ、その仕事に就いたのか?・・
 なぜ、講演をしているのか?
 こういった、転換期にあたっての、
 原点となる体験を話すと、
 聞き手は興味を持って聞いてくれます(p77)


・どこでも、誰にでも通用するのは
 新人だった頃の話です。(p81)


・お友達との雑談タイムに、
 さりげなくネタを使ってみましょう。
 中には、小学生の子どもを相手に
 話をしてみる講師もいます。(p165)


・ツカミには、くつかのパターンが考えられます。
 ・特別な経験をしたという自己紹介
 ・その講演で伝えたいことの結論と理由・・(p174)


DVD付 講師を頼まれたら読む「台本づくり」の本
DVD付 講師を頼まれたら読む「台本づくり」の本
posted with Amazonアソシエイト at 14.04.08
大谷 由里子
中経出版
売り上げランキング: 30,182

【私の評価】★★★★☆(87点)

■目次

ステップ0 なぜ人前で話すときに、台本をつくることが大切なのか
ステップ1 講師としての「志」や「目的」を書き出してみよう
ステップ2 話のネタになる体験談を書き出してみよう
ステップ3 自分が持っているスキル・知識を書き出してみよう
ステップ4 「五分ネタ」をつくって、書き出してみよう
ステップ5 台本の構成を考えよう
ステップ6 台本をさらに磨き上げよう


この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が気に入ったらいいね!

この記事が気に入ったらシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: